髪の毛に関する情報まとめ

髪の毛を労るための生活習慣(食事、栄養、運動、睡眠、洗髪法等)に関する情報をまとめたブログです。初めての方はこちらの記事からご覧下さい→→→→→『当ブログ概要』『全記事一覧

成長ホルモン

アルギニンは髪の毛に効く?(別ブログリンク)

アルギニンはアミノ酸の一種で、コラーゲンの合成に深く関与していると言われています。コラーゲンは皮膚に多く存在し、組織の強度・弾力性・水分量などを維持する役割があると考えられています。もちろん摂取する事で急に髪の毛が生える訳ではありませんが、コラーゲンの劣化や減少は薄毛の原因になると言われており、積み重ねる事による効果はあると思われます。

ちなみにコラーゲンの合成にはビタミンCが必要です。アルギニンだけを摂取するのではなく、ビタミンCも一緒に摂取すべきでしょう。またアルギニンはコラーゲンにも含まれています。そのため例えば手羽先(脂肪が多め)、スッポン、フカヒレ、豚軟骨などを食べると良いでしょう。その他、それらから抽出されたコラーゲンパウダーもオススメです。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「ジャイロボール適当指南書」にある記事『アルギニンの摂取方法について考える』にまとめているのでそちらをご覧下さい。


Amazon商品リンク

バルクスポーツ シトリックアルギニン

これはアルギニンを摂取する事ができるサプリメントです。摂取方法としては、1回1~3gを、間食時や寝る前などの空腹時に摂取すると良いと思われます。尚、アルギニンの摂取量の目安は特に定められていません。運動量が多い場合、運動前後に5gずつ追加補給すると良いかもしれません。

成長ホルモン・肝臓・髪の毛の関係(別ブログリンク)

成長ホルモンには成長作用があり、細胞の修復・合成を促します。当然髪の毛の健康を維持する上でも重要です。しかし実は直接作用する訳ではなく、一旦肝臓に向かい、そこでIGF-1という物質に変換され、それから全身へと渡ります。そのため肝臓の機能を正常化しておく事も、髪の毛の健康に大きく関係します。特に過労、ストレス、栄養過多、栄養失調などには注意すべきでしょう。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『身長の伸びに深く関わる骨端線・成長ホルモン・IGF-1』にまとめているのでそちらをご覧下さい。


Amazon商品リンク

バルクスポーツ アルギニン 200g

これは成長ホルモンの分泌に関与するとされるアルギニンを摂取する事ができるサプリメントです。摂取方法としては1回1~3gとし、間食時など空腹時に摂取すると良いと思われます。その他、運動前、運動後、寝る前などの摂取も可能です。運動前後に摂取する場合、5gずつが良いと思われます。



Amazon商品リンク

ネイチャーメイド カルシウム・マグネシウム・亜鉛

これは亜鉛、カルシウム、マグネシウムをまとめて補う事ができるサプリメントです。1日2~3粒が目安です。

アルファGPCは髪の毛に効く?(別ブログリンク)

アルファGPCとは抑制性の神経伝達物質アセチルコリンの前駆体となる物質で、人体にも存在するものです。脳など中枢神経においては神経の興奮を鎮める作用があります。一方、末梢においては神経末端から分泌される事で、筋肉を収縮させる役割があります。

この他、アルファGPCは母乳に含まれているとされていて、成長ホルモンの分泌を促し、幼児の発育を促したり、免疫を補助してくれるなどの作用があると言われています。ちなみに母乳以外では大豆や卵黄から抽出されたレシチンに多く含まれており、摂取する場合、それを利用する事になります。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『アルファGPCで身長が伸びる?その効果について考える』にまとめているのでそちらをご覧下さい。


以下はオススメの商品を挙げています。

ナウフーズ アルファGPC 300mg

これは海外製のサプリメントです。摂取量の目安は特に定められていませんが、容器には1日2粒が目安と書かれています。1日数百mgを目安に摂取すると良いでしょう。
豊年 大豆レシチン(顆粒250g缶)

このレシチンは大豆から抽出されたものです。これにもアルファGPCが含まれています。摂取量の目安は定められていませんが、1日10~15g程度を目安にすると良いと思われます。
記事検索
Amazon商品リンク
※画像はランダムに表示されます
  • ライブドアブログ