髪の毛に関する情報まとめ

髪の毛を労るための生活習慣(食事、栄養、運動、睡眠、洗髪法等)に関する情報をまとめたブログです。初めての方はこちらの記事からご覧下さい→→→→→『当ブログ概要』『全記事一覧

必須脂肪酸

ナッツ類は髪の毛に効く?(別ブログリンク)

ナッツ類は全体として栄養価が高く、蛋白質、必須脂肪酸(ω-6脂肪酸のリノール酸)、ビタミンB群、ビタミンE、マグネシウム、カリウム、亜鉛、鉄、銅、食物繊維などが、いずれも豊富に含まれています。

いずれも人体にとって必須ですが、特にナッツ類はビタミンEの摂取源として重要です。ビタミンEには強い抗酸化作用があり、細胞の酸化・劣化を抑える事ができます。またビタミンCなど他の抗酸化物質を再利用する事ができ、抗酸化機能を高めてくれます。その他、末梢血管を拡張し、血流を促してくれる作用もあります。

またそのようにナッツ類は全体としてミネラルが豊富で、特にミネラルの中では糖・蛋白質・脂肪の代謝を補助するマグネシウムが重要です。マグネシウムは元々の吸収率が悪く、様々な食品から定期的に摂取する必要があります。

そして必須脂肪酸も重要です。特にナッツ類は全体としてω-6脂肪酸の一種であるリノール酸が豊富に含まれており、これにはアレルギー反応の制御やコレステロール値の調節などの役割があります。一方、リノール酸のような多価不飽和脂肪酸は酸化されやすいため、抗酸化物質と一緒に摂取する事が重要です。例えばリノール酸は大豆にも含まれていますが、大豆には抗酸化ビタミンが少ないです。ビタミンEが豊富なナッツ類は、その意味でも効率良くリノール酸を摂取できます。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『ナッツ類を食べてミネラルと脂肪を摂取しよう』にまとめているのでそちらをご覧下さい。


カシューナッツ 1kg
カシューナッツ 1kg
カシューナッツはビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンKなどが含まれる他、特にミネラルの栄養価が高く、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅がいずれも豊富に含まれています。また蛋白質・脂肪も豊富で、脂肪酸の中ではオレイン酸の割合が高いです。
ひまわりの種 500g
ひまわりの種 500g
ひまわりの種はビタミンE、ビタミンB群(特にビタミンB1、B2、B6、ナイアシン、葉酸)、カリウム、マグネシウム、亜鉛、銅がいずれも豊富に含まれています。また蛋白質・脂肪も豊富で、脂肪酸の中では必須脂肪酸であるリノール酸の割合が高い(次点でオレイン酸)です。
アーモンド 1kg
アーモンド 1kg
アーモンドはビタミンB2、ビタミンE、カリウム、マグネシウム、亜鉛、鉄、銅がいずれも豊富に含まれています。また蛋白質・脂肪も豊富で、脂肪酸の中ではオレイン酸の割合が高い(次点でリノール酸)です。
生クルミ 1kg
生クルミ 1kg
クルミはビタミンB1、ビタミンB6、葉酸などを含む他、特にマグネシウムとマンガンを豊富に含んでいます。また蛋白質・脂肪も豊富で、脂肪酸の中では必須脂肪酸であるリノール酸の割合が高いです。
ピスタチオ 1kg
ピスタチオ 1kg
ピスタチオは他のナッツ類と同様に様々なミネラルが含まれる他、特にビタミンB1とビタミンB6が豊富に含まれています。また蛋白質・脂肪も豊富で、脂肪酸の中ではオレイン酸の割合が高い(次点でリノール酸)です。
かぼちゃの種 ひまわりの種 松の実 ミックス 120g
aen-mix.jpg
亜鉛などミネラルを豊富に含むナッツ類のミックスです。
ヘーゼルナッツ 1kg
ヘーゼルナッツ 1kg
ヘーゼルナッツはビタミンE、マグネシウム、銅、マンガンがいずれも豊富に含まれています。蛋白質は他のナッツ類よりも劣るものの、非常に脂肪が豊富で、脂肪酸の中ではオレイン酸の割合が非常に高いです。
無添加ミックスナッツ 1kg
無添加ミックスナッツ 1kg
ミネラル豊富なくるみ、アーモンド、カシューナッツのミックスです。
黒ごまきな粉アーモンド220g

ゴマはビタミンB群が含まれる他、ミネラルの栄養価が非常に高く、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅がいずれも豊富に含まれています。特にカルシウムとマグネシウムが際立っています。もちろん大豆も栄養価が高く、蛋白質、ビタミンB群(特にビタミンB1と葉酸)、各種ミネラル(特にカリウム)がいずれも豊富です。

大豆イソフラボンは髪に良い?(別ブログリンク)

髪の毛の健康を維持するためには9種類の必須アミノ酸、6種類の必須脂肪酸、各種ビタミン、各種ミネラルの摂取が欠かせません。特にオススメなのが「大豆」です。大豆には9種類の必須アミノ酸、必須脂肪酸(ω-6脂肪酸のリノール酸)、ビタミンB群、マグネシウム、カリウム、鉄、亜鉛、銅がいずれも豊富に含まれており、栄養補給に最適です。

一方、大豆には大豆イソフラボンが含まれている事で知られています。大豆イソフラボンは女性ホルモンの一種エストロゲンと構造が似ており、これにより女性ホルモンと似たような作用をもたらすと言われています。特に男性における女性ホルモンは男性ホルモンに対して抑制的に働き、性ホルモン全体の分泌バランスを整える役割があります。その作用が得られれば、おそらく髪の毛にも何らかの良い影響があるはずです。

ただし女性ホルモンは多ければ良いという訳ではありません。過剰摂取をした場合、男性では女性化、女性では月経異常や乳癌などの原因になる事があります。そのため基本的に大豆イソフラボンはサプリメントでの摂取は不要であり、食事から摂取するだけで十分だと思われます。安易にサプリメントに頼るのは危険です(食品の場合、過剰摂取は稀なので心配ない)。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『納豆を食べると身長が伸びる?含まれている栄養素について考える』にまとめているのでそちらをご覧下さい。


豊年 大豆レシチン(顆粒250g缶)

「レシチン」は大豆製品から抽出されたもので、アルファGPCが含まれていると言われています。摂取量の目安は特にありませんが、1日10g程度を目安に摂取すると良いと思われます。
大豆プロテイン 1kg 無添加

通常のプロテインの原料は牛乳ですが、これは大豆が原料のプロテインです。乳製品が苦手な人、あるいは大豆製品を食べる事が難しい人では、これを利用し蛋白質を補給すると良いでしょう。1回の摂取量は20~40g程度が目安です。食事の際に一緒に、あるいは運動後の摂取がオススメです。尚、大豆アレルギーには注意が必要、またビタミンやミネラルについては別途補給が必要です。
DHC 濃縮プエラリアミリフィカ

プエラリアはマメ科の植物で、一般的な大豆と比べイソフラボンが40倍多く含まれていると言われています。そのため副作用による個人差が出やすいと言われており、過剰摂取には十分な注意が必要です。やはりイソフラボンは大豆からの摂取だけで十分だと思います。ご利用は自己責任で。
おかめ納豆 ひきわり納豆

納豆は蛋白質・ビタミン・ミネラルを豊富に含んでいます。その中でも「ひきわり納豆」はカルシウムの吸収を促すビタミンKが豊富です。尚、納豆菌は非常に強い菌で、毎食時に大量に食べると逆に腸内細菌のバランスが崩れる事があります(1日多くて2~3パック)。

性ホルモンと薄毛の関係について考える(別ブログリンク)

一般的に男性では男性ホルモンが、女性では女性ホルモンが分泌されるという認識だと思います。しかし実際には男性でも女性ホルモンが分泌されており、また女性でも男性ホルモンは分泌されているのです。その量は非常に少ないですが、女性ホルモンは男性ホルモンに対して抑制的に、男性ホルモンは女性ホルモンに対して抑制的に働き、全体の分泌バランスを整える役割があると言われています。そのため確かに男性ホルモンの過剰分泌は薄毛に繋がると言われていますが、重要なのは全体のバランスだと思います。

そう聞くと女性ホルモンを増やせば良いのではと思ってしまいます。しかし男性ホルモンの分泌を抑え込むほどの女性ホルモンというと、相当大量の分泌が必要であり、そのような事をすれば、男性では心身の女性化、女性では乳癌や月経異常などの副作用が出るリスクが高いです。そのため薄毛のために女性ホルモンを増やすなどと安易に考えるべきではありません。繰り返しになりますが、重要なのはバランスです。どちらか一方が増えても減っても良くありません。

ではどのようにして性ホルモンの分泌を整えれば良いのかですが、まず重要になるのは睡眠習慣の改善です。規則的な睡眠習慣があればメラトニンというホルモンが分泌され、これによって性ホルモンの分泌を制御できます。またメラトニンは昼間に分泌されるセロトニンから分泌されます。そのため昼間は活動的になり、太陽の光を浴びる事が重要になります。更にセロトニンは必須アミノ酸のトリプトファンから作られます。そのため必須アミノ酸を摂取する事も重要になります。

そして男性ホルモンはコレステロールから作られます。つまり脂肪であり、脂肪の過剰摂取を避けましょう。一方、同時に女性ホルモンもコレステロールから作られます。このため過度な制限も逆に良くありません。特に脂肪はエネルギー源として重要であり、制限を行うと省エネ体質となって、基礎代謝が低下する可能性もあります。食事の量は運動の量と合わせて考えるべきです。

ちなみにコレステロールからはストレスホルモンが作られます。このため過度なストレスにより、性ホルモンの分泌が悪化する可能性もあります。一方を増やそうとしたり減らそうとしたりするのではなく、生活習慣全体を、自然に見直すようにしましょう。

尚、この記事ではあくまで要点のみをまとめています。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『男性・女性ホルモンそれぞれの作用について考える』にまとめているのでそちらをご覧下さい。


過剰摂取により髪の毛に良くない食べ物・栄養素(別ブログリンク)

1日2日程度では問題ないですが、積み重ねる事によって髪の毛の健康へ悪影響を及ぼす可能性のある食べ物、あるいは栄養素というものがあります。特に挙げられるのが食物繊維、脂肪、カロリー、果糖、乳糖などです。

それぞれを簡単に説明すると、まず食物繊維、健康に良いというイメージが強いですが、食物繊維はエネルギーになりません。胃の容量には限りがあるので、食物繊維ばかりを意識的に摂取する事で、他の栄養素及び摂取エネルギーが不足してしまう可能性があります。人体でエネルギーとなるのは糖・蛋白質・脂肪、そして人体にとって必須なビタミンとミネラル、食物繊維に気を取られ、それらが疎かになってはなりません。

続いて脂肪ですが、これは過剰摂取によりコレステロールの元、及び皮脂の元になります。カロリーも同じです。カロリーの元になるのは糖・蛋白質・脂肪なので、それらの摂取量が増え、余った分がやはり脂肪になります。ただし消費エネルギーと摂取エネルギーのバランスが崩れると、省エネ体質となり、基礎代謝が低下してしまいます。要は自分の消費量に合った摂取量を見極めるべきという事であり、過度な制限は逆効果です。

そして果糖。これには中性脂肪の合成を促したり、細胞を劣化させる糖化の原因になると言われています。果物の他、砂糖に含まれており、摂取機会は結構多いです。最後に乳糖。これは人によって分解・吸収能力が異なり、過剰摂取によっては消化不良を起こす事があります。こちらは乳製品特有の糖です。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『過剰摂取により身長の伸びに悪影響を及ぼす可能性がある食べ物』にまとめているのでそちらをご覧下さい。


肉や卵など動物性食品は髪に悪い?(別ブログリンク)

動物性食品である肉や卵には、蛋白質の材料となる必須アミノ酸がバランス良く含まれており、髪の毛の健康を維持するための栄養補給に適しています。特に必須アミノ酸のバランスは、植物性の食品よりも動物性の食品の方が良いため、その意味でも、肉や卵を定期的に食べる事は重要です。

一方、動物性の食品は全体として脂肪が豊富であり、過剰摂取によって皮脂の分泌が増え、髪の毛の健康を害する事も考えられます。また動物性の食品に偏る事では、必須脂肪酸のバランスが崩れる可能性もあります。これにより脂肪の代謝が悪化したり、血中のコレステロールが高くなったり、あるいはアレルギーや炎症反応が強く出るようになるとも言われており、肉や卵の食べ方については注意しなければなりません。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『肉を食べれば身長が伸びる?蛋白質と脂肪を摂取しよう』や『卵を食べれば身長が伸びる?1日1個以上食べよう』などにまとめているのでそちらをご覧下さい。


Amazon商品リンク

バルクスポーツ アイソプロ

これは吸収の速いホエイプロテインです。低脂肪・低糖質なため、蛋白質の補給に最適です。摂取量は1回20~40g程度、飲むタイミングは運動後がベスト、それ以外では普段の食事時に食事の内容を見て決めると良いでしょう。一方、蛋白質以外の栄養素を摂取する事はできないので、他のサプリメントで補給する必要があります。



Amazon商品リンク

フラックスシードオイル(アマニ油)

これは必須脂肪酸の中でもω-3脂肪酸である「α-リノレン酸」を豊富に含むアマニ油です。摂取量の目安は1日5g程度なので、1回1~2g程度を毎食時に小分けにして摂取すると良いでしょう。尚、α-リノレン酸はDHAやEPAの元になりますが、これだけでは不足します。DHAやEPAを豊富に含む青魚を意識的に食べるようにしましょう。

ちなみにα-リノレン酸は熱や酸化に弱いので、加熱調理には使えず、またその保存方法にも工夫が必要です。消費期限・賞味期限よりも前に全て消費するか、古くなったら残っていても新しく買い直すなどしましょう。

記事検索
Amazon商品リンク
※画像はランダムに表示されます
  • ライブドアブログ