ここでは美容に良いとして有名なビタミンC、及びビタミンC誘導体について私なりに考えた事を書いてみます。尚、詳細については別ブログ「ニキビを治す方法について考えてみた」にある『ビタミンCを摂取すればニキビが治る?』にまとめているのでそちらをご覧下さい。

ビタミンCの役割について

ビタミンCはコラーゲンの合成に関与しています。特にコラーゲンの劣化や減少は薄毛の原因になると言われており、ビタミンCの継続的な摂取はその維持に役立つと思われます。尚、コラーゲンと聞くと皮膚の印象が強いですが、血管の維持にも重要であり、コラーゲンが不足すると血管が硬くなって壊れてしまったり、血圧の調節が上手くできなくなる事があります。

またビタミンCは抗酸化作用がある事でも知られています。体内において活性酸素の異常な増殖を防ぎ、細胞を酸化から保護したり、脂肪の酸化を抑えてくれます。この他、ビタミンCにはカルシウムや鉄分などのミネラルの吸収を促す役割もあると言われています。


ビタミンCを効率良く摂取するためには

ビタミンCは水溶性ビタミンで水に溶けやすく、調理の際に水を使用すると水に溶け出てしまいます。ですので水は捨てずに再利用するか、できるだけ使わずに調理する工夫が必要です。またビタミンCは熱にも弱く、調理の際に加熱する事でも失われてしまいます。熱もできるだけ使わないような工夫が必要でしょう。

尚、水に溶けやすい事で、尿や汗などと一緒に排出されやすく、体内で長期間蓄えておく事ができません。つまり一度に大量のビタミンCを摂取したからと言って、その全てが吸収される訳ではなく、むしろ多くが無駄になってしまうという事です。よってビタミンCは定期的・継続的に摂取する事が重要になります。


皮膚に塗ったビタミンCは吸収されるのか

ビタミンCは非常に不安定で、皮膚の奥深くまで到達する前に、その多くが酸化してしまうと言われています。通常のビタミンCよりも安定しているとされるビタミンC誘導体もあるのですが、それでも奥深くまで到達させるのは難しいと思われます。

尚、ビタミンC以外にも様々な有効成分がありますが、皮膚は分子が小さいほど吸収率が高くなります。基本的に「分子の大きいものは通過できない」という事はよく認識しておくべきだと思います。育毛剤を利用する人もいると思いますが、得られるのは大抵表面の保湿効果だけです。含まれている成分は注意深く見るべきで、過度な期待は禁物だと思います。それよりも体の内側からのケアを重視しましょう。


ビタミンCを摂取する事ができるサプリメントの紹介

食品では緑黄色野菜全般・果物全般に多く含まれています。特に赤・黄ピーマン、アセロラ、レモン、柿、キウイ、イチゴ、芽キャベツなどが代表的です。ただし前述したようにビタミンCは水や熱に弱いため、調理法や保存法には工夫が必要です。また生の野菜や果物は消費期限が短く、大量に買って買い貯めしておく事もできません。毎回切らす度に買い物に行かねばならず、その意味でもビタミンCを定期的に摂るのは簡単ではありません。

「食品からの摂取」だけに頼るのはコストも手間もかかるので、個人的にはサプリメントからの追加補給をオススメします。特にサプリメントでは脂溶性ビタミンCというものがあり、そちらはゆっくり吸収されるためオススメです。水溶性と合わせて摂取しておきましょう。

ちなみにビタミンCの1日の摂取量の目安は数グラムです。数百ミリグラム程度では全然足りないので注意して下さい。可能ならば摂取量の調節が可能な粉末タイプのサプリメントを利用すると良いでしょう。


Amazon商品リンク

ヘルシーカンパニー ビタミンC 粉末

これはビタミンCを摂取する事ができる粉末です。摂取方法は数時間おきに数gずつ摂取する必要があります。


Amazon商品リンク

NOW Foods 脂溶性ビタミンC

こちらは脂溶性のビタミンCを摂取する事ができるサプリメントです。摂取方法としては1回500mg程度を朝晩分けて摂取すると良いでしょう。尚、ビタミンCは過剰摂取しても問題ないので水溶性の方と合わせて摂取しましょう。


Amazon商品リンク

ネオセル コラーゲンパウダー

粉末状のコラーゲンです。摂取量の目安はありませんが、1回数gを小分けにし、空腹時にビタミンCと一緒に摂取すると良いでしょう。尚、ここでは左の商品を紹介していますが、容量が少ないので、コスパを選ぶのであれば普通に店頭に売られている「コラーゲンパウダー(Amazon商品リンク)」でも問題ありません。