髪の毛に関する情報まとめ

髪の毛を労るための生活習慣(食事、栄養、運動、睡眠、洗髪法等)に関する情報をまとめたブログです。初めての方はこちらの記事からご覧下さい→→→→→『当ブログ概要』『全記事一覧

ビタミンA

ビタミンAは髪に効く?(別ブログリンク)

ビタミンAには強い抗酸化作用があり、活性酸素の異常な増殖を防ぎ、細胞の酸化・劣化を抑える事ができます。特に口、目、胃腸、鼻、喉など、粘膜の健康の維持に必要と言われています。

一方、ビタミンAは大きく分け、植物性の食品に含まれるβ-カロテンと、動物性の食品に含まれるレチノールがあります。レチノールは人体でそのままスムーズに利用する事ができ、大きな効力を発揮します。ただし体に蓄積しやすく、過剰摂取のリスクがあります。一方、β-カロテンの方はレチノールの不足に応じて利用されるため、過剰摂取のリスクはないと言われています。ただしレチノールと比べ、1/12しか効力がありません。よってβ-カロテンだけの摂取では、ビタミンAとして不足してしまう事があります。

この事から、あくまでビタミンAの摂取はレチノールを基本としますが、摂取量に関しては適切に管理すべきです。レチノールはレバーやウナギなどに多く含まれますが、そういった特定の食品にばかり偏るべきではありません。またβ-カロテンだけでビタミンAを摂取しようとするのではなく、レチノールの一部をβ-カロテンで置き換えて摂取するという事も重要です。β-カロテンを豊富に含む緑黄色野菜ばかりを食べ、レチノールを制限するというような事はあってはなりません。

ちなみにレチノールもβ-カロテンも脂溶性なので、脂肪と一緒に摂取する事で吸収率が高まります。一方、あまりに高温での調理では分解されてしまうとも言われています。このため調味油を使った調理は、短時間で済ます事が重要と思われます。

尚、当記事の内容は移転しました。詳しくは別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『ビタミンAの作用は?摂取方法について考える』をご覧下さい。

Amazon商品リンク

NOW Foods ベータカロテン

これはβ-カロテンを補う事ができる海外製のサプリメントです。尚、容器には1日1粒目安と書かれています。レチノールとは違って過剰摂取の心配は殆どありませんが、日本で販売されているβ-カロテンのサプリメントと比べると1粒当たりの含有量が多いため、用法用量はしっかりと守りましょう。もしくは少なく調整すると良いでしょう。

野菜や果物は髪に良い?ビタミンCを摂取すべし(別ブログリンク)

野菜や果物は一般的にも「健康に良い」として認知されています。特に緑黄色野菜や果物にはビタミンCが豊富に含まれており、抗酸化物質の摂取源として有用です。また一部の緑黄色野菜にはβ-カロテンも豊富に含まれており、これにも抗酸化作用があります。更に植物性の食品は全体としてカリウムも豊富に含んでおり、ナトリウム及び余分な水分の排出を促し、水分代謝を改善させます。その他、一部の野菜には食物繊維が豊富に含まれており、腸内細菌を活性化させ、体内からビタミンB群を補給する事もできます。

一方、野菜や果物には欠点もあります。例えばビタミンCと一緒に摂取する事で、その抗酸化機能を高める作用があるビタミンE、これは野菜や果物には含まれる量が少ないです。また野菜や果物は全体として必須アミノ酸及び必須脂肪酸の含まれる量も少ないです。これらについては別途補給が必要であり、野菜や果物を食べるだけで髪の毛に良いなどと都合良く考えるべきではありません。

ちなみにですが、果物に含まれている果糖には、過剰摂取した際、脂肪酸の合成を促したり、細胞を劣化させる原因となる糖化を促す作用があると言われています。このため「健康に良い」とは言っても、果物ばかり集中的に食べる事では逆に健康を害してしまう可能性もあります。そもそもビタミンCは食品だけで摂取するのは無謀です。必要に応じてサプリメントを利用しましょう。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『緑黄色野菜を食べてビタミンを補給しよう』にまとめているのでそちらをご覧下さい。



記事検索
Amazon商品リンク
※画像はランダムに表示されます
  • ライブドアブログ