唾液は咀嚼によって分泌され、食べ物を湿らせ、胃腸へ運びやすくする役割があります。また糖を少しだけ分解する事ができ、胃腸での消化・分解を補助する役割があります。これにより糖の吸収が緩やかになり、血糖値の急激な上昇が抑えられます。高血糖は血管にダメージを与える事が知られているため、よく噛んで食べる事は髪の毛の健康によっても良いはずです。

更に唾液には歯の再石灰化、及び口内の殺菌を促す作用もあります。つまりよく噛んで食べる事は、歯や口内環境の改善にも繋がります。そして口の周りや顎の筋肉をよく使うので、顔の皮膚に張りが生まれ、唇が弛みにくくなります。これにより口呼吸にならず、鼻呼吸をしやすくなり、免疫にも良い影響を与えます。それは髪の毛の健康を維持する上でも重要になる事です。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『「よく噛んで食べる」の積み重ねが身長を伸ばす』にまとめているのでそちらをご覧下さい。