タバコやお酒は髪の毛に悪いと言われています。ここではそんな「タバコとお酒の害」について、私なりに考えた事をまとめています。尚、この記事ではあくまで要点のみをまとめています。詳細については別ブログ「腹筋を割る方法について考える」にある記事『タバコやお酒は筋肉に悪い?その効果について』にまとめているのでそちらをご覧下さい。

タバコは髪の毛に悪い?その害について

タバコには「ニコチン」が含まれています。ニコチンは神経系に対して有害で、強い依存性があると言われています。その依存性の強さは、アルコールとは比較にならないほど強力で、一説には「覚醒剤にも匹敵する」とも言われるほどです。これが「禁煙するのが難しい」と言われる理由となっています。

他、このニコチンには胃酸を過剰に分泌させて胃や腸に過剰な負担をかけたり、不必要に毛細血管を収縮させて心肺機能を低下させたり、あるいはビタミンCを破壊する事で、抗酸化やコラーゲンの合成を阻害(その結果として肌荒れ・老化・骨粗鬆症・動脈硬化の進行等が起こる)するなどの作用があると言われています。

またタバコには「タール」と呼ばれる物質も含まれています。このタールは発癌性が高いとされており、過剰に摂取する事では正常な細胞の合成ができず、悪性腫瘍(癌)ができやすくなると言われています。特にこのタールは粘り気が強い特徴があり、これにより仮に禁煙できたとしても体から中々抜けません。

更にタバコの煙には「一酸化炭素」が含まれています。例えば火事のニュースが出た際に「一酸化炭素中毒」という言葉がよく聞かれますよね。これは一酸化炭素が酸素の吸収を阻害するからで、一酸化炭素を摂取すると酸素よりも優先的にヘモグロビンと結合し、酸素の吸収効率を大きく低下させます。それによって肺や心臓などの機能は当然低下する事になり、それはやがて心筋梗塞や脳梗塞など致死率の高い病気のリスクも高まる事になります。

尚、タバコはそのようにして血流を悪化させるため、特に心臓から遠い場所ほど血流及び新陳代謝を悪化させると言われています。当然頭皮にとって良くないのは明らかです。その他の例で言えば、足の指先に出血を伴うような怪我をした時、ヘビースモーカーの人ではその怪我がなかなか治らないという事もあるようです。それによっては浮腫、冷え性、痛風、糖尿病などの諸症状も悪化させると言われています。


お酒を飲むなら「飲まされる」べきではない

お酒には「アルコール」が含まれています。人体にはアルコールを貯蓄しておくような機能はなく、またアルコールを代謝する過程で毒性のある「アセトアルデヒド」ができるため、それを処理するためにも速やかに代謝されます。特にその処理は主に肝臓で行われます。一方で、アルコールを処理する能力には個人差が大きく、その能力は生まれつき決まっているという事が分かっています。つまりいくらお酒を飲んだとしても、アルコールの処理能力が強くなる事はないという事です。この点については十分に注意しなければなりません。

お酒は髪の毛に悪い?

摂取したアルコールは肝臓で速やかに処理されます。しかしそのようにアルコールの処理能力には個人差が大きく、その能力が低い人が一度に大量のアルコールを摂取した場合、「アルコールの処理が順番待ち」という形になります。特に肝臓は糖・蛋白質・脂肪をエネルギーへと変換する等、生命活動の維持に必要不可欠な臓器の一つであり、その肝臓への負担が増加する事では、その他の栄養素の代謝にも悪影響を及ぼす事が考えられます。それによる髪の毛への影響は当然懸念されます。

またアルコールも神経系への強い作用をもたらすと言われています。これも個人差が大きいですが、やはりアルコール処理能力の弱い人や、成長期の子どもの脳ではその影響を受けやすいと言われています。特に知られているのが「脳が萎縮して小さくなる(溶かすのではなく、働きが抑制され衰える。特にグルタミン酸が影響を受けるとされる)」という事です。もちろんそこまで行かなくても、気づかぬ内に記憶力、判断力、集中力、理性(感情を抑える事が難しくなる)の低下などが起こる可能性はあると思われます。それによってはニコチンほどではありませんが、少なからず依存性をもたらし、自分で止める事が難しい一つの理由になります。「適度な摂取」とよく言いますが、飲酒の習慣がある人ほど「蓄積」があります。

他、アルコールは成長期における臓器の成長や性機能の発達も妨げると言われています。だからこそ未成年では飲む事が法律で禁止されているのですが、それはアルコールの処理能力が弱い大人でも同じであり、一度に大量のアルコールを摂取した場合、いわゆる「急性アルコール中毒」になる事があります。これは命に関わるような深刻なものであり、アルコールはそういう危険と常に隣り合わせという認識を持っておくべきです。


お酒は太る?太らない?

アルコールは肝臓で速やかに代謝されます。アルコールを代謝する過程を簡単に説明すると、アルコールを代謝する事ではまず「アセトアルデヒド」という物質ができます。分かりやすい症状では、アセトアルデヒドは二日酔いの原因になっている物質です。その後、アセトアルデヒドが代謝される事では「酢酸」になり、この酢酸がTCA酸回路(クエン酸回路)に入る事で更に「クエン酸」に変換されます。このTCA回路というのはエネルギーを得るためのサイクルで、そこでクエン酸が代謝されると細胞を動かすためのエネルギーである「ATP(アデノシン三リン酸)」を作り出します。そうしてそれらの反応で最終的にできるのが「炭酸ガスと水」で、それが体の外へ排出されます。

この事から「アルコールは分解されてしまうので、体の中に残るエネルギーはない(あるいはカロリーがない)」とよく言われますが、それは正しくありません。クエン酸回路はそもそも糖や脂肪からエネルギーを得る際に必ず通る場所です。つまりアルコールを処理している時に、大量の糖や脂肪を摂取した場合、それが順番待ちという形になり、余剰となったものが脂肪の蓄積へと回されるという事が考えられます。

ちなみにアルコール飲料は飲みやすくするため、糖あるいは脂肪が含まれている事も多く、またアルコール飲料と一緒に食べる食べ物は大抵味付けが濃かったり、糖・蛋白質・脂肪が豊富でカロリーの高いものです。更にアルコールは食欲を増進させる作用があると言われており、それによって全体的な食事量も増える事になります。蓄積すれば当然肥満の原因になるでしょう。


適度なお酒は健康に良い?悪い?

度数の高いアルコール飲料は、口・食道・胃・腸の特に「粘膜」に大きなストレスを与えると言われています。これは摂取したアルコールの一部が粘膜を通じて直接吸収されるからです。そうして吸収された後、代謝される過程でできたアセトアルデヒドが炎症を引き起こし、これが「ガン」の原因になると考えられています。そこまで行かなくても、粘膜は免疫においても重要な役割を果たしているので、一時的に免疫力が低下して風邪を引きやすくなったり、胃液によって胃の壁を傷つけたり、あるいはタバコなどその他の害をもたらす成分に対する耐性が低下する(合わせる事でガンのリスクを更に高める)という事が考えられます。

またアルコールには強い殺菌効果があります。そのため少量であれば、例えば手洗いなどで消毒効果をもたらす便利なものですが、大量に摂取した場合、胃腸の菌のバランスを崩してしまうという事も考えられます。特に腸内細菌は食物繊維を分解するために重要である他、ビタミンB群やビタミンKを合成する事ができるため、その働きは非常に重要です。例え少量であっても蓄積すれば健康に悪いのは明らかです。

他、前述のようにアルコールの分解では最終的に水ができるのですが、血中の水分量が多くなると血液は薄くなり、細胞への栄養供給が上手くできなくなる事があります。これが起こると人間は血液を増やそうとし、心臓に負担がかかる上、血圧が上がる事で血管にも負担がかかります。また水分の排出を促すため、尿の量が増え、水分の必要量も増えます。これがアルコールを摂取した際に水を飲むべき理由です。

ちなみにアルコールは「適度な摂取は健康に良い」と言われる事も多いのですが、アジア人は全体としてアルコールやアセトアルデヒドを分解する能力が低いと言われています。日本人もむしろアルコールに強い人の方が珍しく、「自分はお酒に強い」などと根拠のない自信を持つのは大変危険です。何度も言うように、アルコールの処理能力は生まれつきで、どれだけ飲んでも鍛える事はできません。飲む事ができる量が増えたのは単に神経が麻痺し、鈍感になっているだけです。特に日本では周りに合わせて飲むという事が多く、蓄積によるリスクは我々が想像する以上に大きいものです。自分の身は自分で守るしかありません。