髪の毛に関する情報まとめ

髪の毛を労るための生活習慣(食事、栄養、運動、睡眠、洗髪法等)に関する情報をまとめたブログです。初めての方はこちらの記事からご覧下さい→→→→→『当ブログ概要』『全記事一覧

髪の毛を労るための考え方

頭皮の乾燥を改善する方法を考える(別ブログリンク)

この記事では頭皮の乾燥を防ぐ方法について考えます。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。尚、この記事は簡潔な内容になっています。皮膚の乾燥を防ぐ方法については、別ブログ「ニキビを治す方法について考えてみた」にある記事『乾燥はニキビの大敵・肌荒れ予防のための保湿の方法まとめ』の方が詳しいので、そちらも合わせてご覧下さい。

続きを読む

頭皮を労るための頭皮マッサージ(別ブログリンク)

ここでは頭皮への血流を促すためのマッサージの方法について、私なりに考えた事をまとめています。尚、頭皮の血流を促すためには顔の筋肉を動かす事も重要です。顔の筋肉を動かすようなトレーニング・ストレッチについては、別ブログ「ニキビを治す方法について考えてみた」にある記事『顔の筋肉を動かそう・表情筋をトレーニングする方法まとめ』の方が詳しいので、そちらをご覧下さい。


★頭皮をマッサージする方法を簡単に

・まずあらかじめ爪を切っておく。また手を石鹸で洗い、清潔にしておく。

・両手の指を全力で開く。また隣り合う指同士ができるだけ離れた状態にする。

・その状態で、爪を立てないように指先を頭皮へ軽く当てる。指を強く押し付けない。

・指先を使ってゆっくりと頭皮を動かす。この時、指先で頭皮を擦るのではなく、指先と頭皮を一緒に動かし、頭皮から頭蓋骨をスライドさせるイメージで行う。それができる最低限の強さで行う。

・これを頭皮全体で行う。

以上が頭皮マッサージの方法です。頭皮を動かして皮膚を伸ばすようなイメージです。ただし頭皮を強く押したり、強く引っ張ったり、擦ったり、叩いたりはしないようにしましょう。それがストレスとなり、逆効果になる事があります。

ちなみにこれを行った後に全身を動かすような有酸素運動を行う事で、更に頭皮への血流が良くなります。一方、風呂に入る前に行うのは良いですが、入っている中で行ったり、入った直後に行うのはオススメしません。皮膚がふやけた状態で、その皮膚に刺激を与えると、それがダメージになる事もあるからです。その点には十分に注意しましょう。

有酸素運動は髪に良い?(別ブログリンク)

有酸素運動では脂肪を燃やす事ができます。これにより余剰分の脂肪が減れば、血液中のコレステロールの量が減り、血管への負担を軽減する事ができます。また皮脂は脂肪から作られるので、その脂肪が減れば皮脂の過剰分泌を抑える事ができます。更に有酸素運動では発汗を伴います。汗の元は血液に含まれる水分であり、これにより末梢への血流が促され、細胞の栄養状態が改善されます。これらにより有酸素運動は髪の毛の健康維持に効果があると言われています。

一方、汗にはミネラルが含まれており、気温や運動量によってはミネラル不足を招く可能性があります。また摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスが崩れ、消費する量が多すぎると、省エネ体質となり、筋肉が落ち、基礎代謝が低下する可能性もあります。そのためただ単に有酸素運動を行うだけでは、逆効果になる可能性もある訳です。その点には注意が必要です。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「体質を改善したい人のための知識集」にある『「筋トレ論12」有酸素運動に関する簡易まとめ」』にまとめているのでそちらをご覧下さい。

髪を労るための間食(別ブログリンク)

間食は不足しがちな栄養素を補給する手段として利用すべきです。特に必須アミノ酸、必須脂肪酸、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、マグネシウム、亜鉛、鉄、ヨウ素などが重要です。必要に応じ、プロテインやサプリメントを利用するのも良いでしょう。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「腹筋を割る方法について考える」にある記事『筋肉を効率良く鍛えるために間食を上手く利用しよう』にまとめているのでそちらをご覧下さい。

間食時の栄養補給では以下のような商品がオススメです。

かぼちゃの種 ひまわりの種 松の実 ミックス 120g
aen-mix.jpg
ミネラルを補う事ができるナッツ類のミックスです。脂肪・カロリーには注意しましょう。
バルクスポーツ プロテイン アイソプロ
<
ホエイプロテインです。タンパク質の補給にオススメです。尚、蛋白質以外の栄養素は少ないので別途補給が必要です。

セロトニン・ストレス・髪の毛の健康(別ブログリンク)

「セロトニン」は太陽の光を浴びる事で分泌が促されます。特にセロトニンはドーパミンやノルアドレナリンなど、ストレス反応に関わるホルモンを制御する役割があります。これにより精神を安定化させ、活動力をもたらしてくれます。ストレスがホルモンバランスを崩させ、薄毛の原因になるという事は周知の事実です。

またセロトニンはトリプトファンという必須アミノ酸から作られます。トリプトファンは蛋白質が豊富に含まれる食品、特に肉、魚、乳製品、卵、大豆などから摂取できるため、それらを意識的に食べる事も、セロトニンの分泌を促すために重要です。ただし必須アミノ酸が豊富な動物性の食品の食品には脂肪が豊富です。脂肪の必要量は運動量及び基礎代謝によって大きく変わるため、食事を過度には制限せずに、運動習慣に合わせて摂取量を考えましょう。


尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「腹筋を割る方法について考える」にある記事『睡眠習慣の改善に必要なセロトニンとメラトニン』にまとめているのでそちらをご覧下さい。

オオサカ堂商品リンク

Source Naturals 5-HTP 50mg

これはセロトニンの材料になる「5-HTP(ヒドロキシトリプトファン:トリプトファンが代謝される過程で作られる物質)」のサプリメントです。摂取方法は1回50~100mgずつを、特に空腹時に小分けにして摂取するのが良いと思われます。ただし寝る前や運動前の摂取はオススメしません。また過剰摂取によっては逆にホルモンバランスを崩したり、下痢になる事もあるので、摂取量は各自調節が必要です。ご利用は自己責任でお願いします。

記事検索
Amazon商品リンク
※画像はランダムに表示されます
  • ライブドアブログ