髪の毛に関する情報まとめ

髪の毛を労るための生活習慣(食事、栄養、運動、睡眠、洗髪法等)に関する情報をまとめたブログです。初めての方はこちらの記事からご覧下さい→→→→→『当ブログ概要』『全記事一覧

髪の毛を労るための栄養素

頭皮のアレルギーを抑える方法を考える(別ブログリンク)

体の外から異物が入ってくると、それに対応するため、あらかじめ抗体を作っておきます。そして再びその異物が入ってきた時、その異物を抗体が攻撃・無力化し、速やかに排出を促します。その反応こそがアレルギーです。

これは自分の身を守るために必要な反応です。ただしその反応が過剰に行われる事で、正常な細胞の活動に支障を及ぼし、それによって頭皮がダメージを受けてしまう事があります。人によっては制御が必要があります。

特にアレルギーにおいては、その反応を促すのに使われるヒスタミンやロイコトリエンといった物質を抑える事が重要になると思われます。例えば栄養素ではビオチン、マグネシウム、ビタミンC、メチル化カテキン、ケルセチン、アスタキサンチン、ω-3脂肪酸(α-リノレン酸、DHA、EPA)などが挙げられます。もちろん睡眠習慣や運動習慣などの改善も重要になる他、外側からのケア、すなわちアレルギーとなる物質に触れる機会を避けたり、洗髪して除去したりする事も重要です。

一方、乾燥肌を防ぐ事も重要です。乾燥肌になると、皮膚の細胞に隙間ができ、そこから異物が侵入しやすくなります。これもアレルギーを悪化させる原因です。水分・ミネラルの補給はもちろん、普段の髪の毛や頭皮の洗い方・拭き方なども注意すべきでしょう。

尚、アレルギーに関する詳細については、別ブログ「視力・動体視力・周辺視野等を改善する方法まとめ」にある記事『目の健康を考える・花粉症の対策法まとめ』の方が詳しいので、そちらをご覧下さい。

髪の健康のために重要なサプリメント(別ブログリンク)

髪の毛の健康の維持のサポートになる可能性があるサプリメントについては、重複するものが多い事から、別のブログにまとめています。詳しくはブログ「バストアップする方法について考えてみた」の記事『バストアップのサポートに適したサプリメント簡易まとめ』をご覧下さい。

私としては髪の毛の健康を維持するために最も重要な事は「ホルモンバランスを整える事」であると考えています。そのためリンク先の記事で紹介しているサプリメントを利用する事でも、髪の毛を健康を維持するサポートになると考えています。お手数ですがそちらをご覧下さい。

ビタミンAは髪に効く?(別ブログリンク)

ビタミンAには強い抗酸化作用があり、活性酸素の異常な増殖を防ぎ、細胞の酸化・劣化を抑える事ができます。特に口、目、胃腸、鼻、喉など、粘膜の健康の維持に必要と言われています。

一方、ビタミンAは大きく分け、植物性の食品に含まれるβ-カロテンと、動物性の食品に含まれるレチノールがあります。レチノールは人体でそのままスムーズに利用する事ができ、大きな効力を発揮します。ただし体に蓄積しやすく、過剰摂取のリスクがあります。一方、β-カロテンの方はレチノールの不足に応じて利用されるため、過剰摂取のリスクはないと言われています。ただしレチノールと比べ、1/12しか効力がありません。よってβ-カロテンだけの摂取では、ビタミンAとして不足してしまう事があります。

この事から、あくまでビタミンAの摂取はレチノールを基本としますが、摂取量に関しては適切に管理すべきです。レチノールはレバーやウナギなどに多く含まれますが、そういった特定の食品にばかり偏るべきではありません。またβ-カロテンだけでビタミンAを摂取しようとするのではなく、レチノールの一部をβ-カロテンで置き換えて摂取するという事も重要です。β-カロテンを豊富に含む緑黄色野菜ばかりを食べ、レチノールを制限するというような事はあってはなりません。

ちなみにレチノールもβ-カロテンも脂溶性なので、脂肪と一緒に摂取する事で吸収率が高まります。一方、あまりに高温での調理では分解されてしまうとも言われています。このため調味油を使った調理は、短時間で済ます事が重要と思われます。

尚、当記事の内容は移転しました。詳しくは別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『ビタミンAの作用は?摂取方法について考える』をご覧下さい。

Amazon商品リンク

NOW Foods ベータカロテン

これはβ-カロテンを補う事ができる海外製のサプリメントです。尚、容器には1日1粒目安と書かれています。レチノールとは違って過剰摂取の心配は殆どありませんが、日本で販売されているβ-カロテンのサプリメントと比べると1粒当たりの含有量が多いため、用法用量はしっかりと守りましょう。もしくは少なく調整すると良いでしょう。

ビタミンEは髪に効く?(別ブログリンク)

ビタミンEには強い抗酸化作用がある事で知られています。この作用により活性酸素の異常な増殖を防ぎ、細胞の酸化・劣化を抑える事ができます。また末梢血管を拡張し、血流を促し、細胞の栄養状態を改善する事ができます。これにより髪の毛の健康の維持にも役立ちます。

一方、ビタミンEは脂溶性ビタミンの一種です。脂肪と一緒に摂取する事で吸収率が高まりますが、体に蓄積しやすいため、過剰摂取のリスクがあります。食品では稀ですが、サプリメントを利用する場合、摂取量には十分な注意が必要です。

尚、当記事の内容は移転しました。詳しくは別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『ビタミンEの作用は?摂取方法について考える』をご覧下さい。

Amazon商品リンク

MRM コンプリートビタミンE

これはビタミンEを摂取する事ができるサプリメントです。摂取量の目安は1日0~1錠だと思われます。過剰摂取が心配な場合、「1~2日おきに1錠」にするなど、各自調節すると良いでしょう。

マグネシウムは髪に良い?(別ブログリンク)

マグネシウムはミネラルの一種で、カルシウムと共に骨を作るための材料として使われています。またマグネシウムは数百種類にも及ぶ酵素の活性化に必要とされており、糖・蛋白質・脂肪の代謝を補助する役割があると言われています。当然髪の毛の健康を維持する上でも重要です。

一方、マグネシウムは元々の吸収率が悪位と言われており、一度に摂取するのではなく、定期的に少しずつ摂取する事が重要です。またそのため、食品だけでマグネシウムを摂取するのは難しいので、必要に応じてサプリメントを利用する事も重要です。ただしサプリメントを利用する場合、過剰摂取により下痢をする事があるので、摂取量には十分な注意が必要です。

この他、マグネシウムは実は皮膚からも吸収させる事ができます。最近では入浴剤の他、スプレー、オイル、湿布などもあり、それらを利用し、「摂取する手段を分散させる」という事も重要になると思われます。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『マグネシウムで身長が伸びる?摂取方法について考える』にまとめているのでそちらをご覧下さい。


超高濃度マグネシウム 50ml

これはマグネシウム単体を補う事のできるサプリメントです。前述のようにマグネシウムは過剰摂取により下痢しやすいですが、これは量の調節が容易です。容器によると1ml(10滴)で100mg前後のマグネシウムが摂取できるようです。最初はそれよりも少ない量から始めてみて、少しずつ慣らしていくと良いと思います。ただし多くて2ml(20滴)までで留めるのが無難です。
エプソムソルト

これは硫酸マグネシウムを含む入浴剤です。お風呂のお湯に溶かし、それに浸かる事で、皮膚からマグネシウムを吸収させる事ができると言われています。尚、1回に使用する量の目安は150cc~です。大量に使ったからと言って全てが吸収される訳ではないので注意しましょう。
おかめ納豆 ひきわり納豆

納豆のような大豆製品には蛋白質、必須脂肪酸、マグネシウム、ビタミンB群、ビタミンKなどがいずれも豊富に含まれています。特にひきわり納豆はビタミンKに秀でています。1日2~3パックが目安です。
記事検索
Amazon商品リンク
※画像はランダムに表示されます
  • ライブドアブログ