髪の毛に関する情報まとめ

髪の毛を労るための生活習慣(食事、栄養、運動、睡眠、洗髪法等)に関する情報をまとめたブログです。初めての方はこちらの記事からご覧下さい→→→→→『当ブログ概要』『全記事一覧

食習慣全体に対する考え方

過剰摂取により髪の毛に良くない食べ物・栄養素(別ブログリンク)

1日2日程度では問題ないですが、積み重ねる事によって髪の毛の健康へ悪影響を及ぼす可能性のある食べ物、あるいは栄養素というものがあります。特に挙げられるのが食物繊維、脂肪、カロリー、果糖、乳糖などです。

それぞれを簡単に説明すると、まず食物繊維、健康に良いというイメージが強いですが、食物繊維はエネルギーになりません。胃の容量には限りがあるので、食物繊維ばかりを意識的に摂取する事で、他の栄養素及び摂取エネルギーが不足してしまう可能性があります。人体でエネルギーとなるのは糖・蛋白質・脂肪、そして人体にとって必須なビタミンとミネラル、食物繊維に気を取られ、それらが疎かになってはなりません。

続いて脂肪ですが、これは過剰摂取によりコレステロールの元、及び皮脂の元になります。カロリーも同じです。カロリーの元になるのは糖・蛋白質・脂肪なので、それらの摂取量が増え、余った分がやはり脂肪になります。ただし消費エネルギーと摂取エネルギーのバランスが崩れると、省エネ体質となり、基礎代謝が低下してしまいます。要は自分の消費量に合った摂取量を見極めるべきという事であり、過度な制限は逆効果です。

そして果糖。これには中性脂肪の合成を促したり、細胞を劣化させる糖化の原因になると言われています。果物の他、砂糖に含まれており、摂取機会は結構多いです。最後に乳糖。これは人によって分解・吸収能力が異なり、過剰摂取によっては消化不良を起こす事があります。こちらは乳製品特有の糖です。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『過剰摂取により身長の伸びに悪影響を及ぼす可能性がある食べ物』にまとめているのでそちらをご覧下さい。


髪の毛を労るために重要なアミノ酸スコア(別ブログリンク)

蛋白質を構成する必須アミノ酸には9種類あり、全てが人体にとって必須です。一方、蛋白質を効率良く作るためには9種類の必須アミノ酸をただたくさん摂取すれば良いという訳ではなく、全体のバランスが重要と言われています。そのバランスの事を「アミノ酸スコア」と言います。

例えば9種類の必須アミノ酸の内、8種類の必須アミノ酸を摂取できていたとしても、たった1種類だけが不足すれば、蛋白質はそれだけで効率良く作る事ができなくなります。当然髪の毛の健康を維持する上でも、アミノ酸スコアの高い食事が重要になるでしょう。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳しくは別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある『アミノ酸スコアについて』にまとめているのでそちらをご覧下さい。


よく噛んで食べる事は髪の毛にも良い(別ブログリンク)

唾液は咀嚼によって分泌され、食べ物を湿らせ、胃腸へ運びやすくする役割があります。また糖を少しだけ分解する事ができ、胃腸での消化・分解を補助する役割があります。これにより糖の吸収が緩やかになり、血糖値の急激な上昇が抑えられます。高血糖は血管にダメージを与える事が知られているため、よく噛んで食べる事は髪の毛の健康によっても良いはずです。

更に唾液には歯の再石灰化、及び口内の殺菌を促す作用もあります。つまりよく噛んで食べる事は、歯や口内環境の改善にも繋がります。そして口の周りや顎の筋肉をよく使うので、顔の皮膚に張りが生まれ、唇が弛みにくくなります。これにより口呼吸にならず、鼻呼吸をしやすくなり、免疫にも良い影響を与えます。それは髪の毛の健康を維持する上でも重要になる事です。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『「よく噛んで食べる」の積み重ねが身長を伸ばす』にまとめているのでそちらをご覧下さい。


タバコやお酒は髪の毛に悪い?(別ブログリンク)

タバコやお酒は髪の毛に悪いと言われています。タバコに含まれる成分は活性酸素を作り出します。その強力な酸化作用により、ビタミンCなどの抗酸化物質が壊され、コラーゲンなど蛋白質の合成がスムーズにできなくなります。特に薄毛には酸化とコラーゲンが大きく関係していると言われています。当然その積み重ねは髪の毛の健康に良くありません。また酸素の取り込みが上手くできなくなるので、心臓や血管に負担をかける上、末梢の細胞の栄養状態も悪くなります。

一方、お酒。お酒自体は髪の毛に直接は影響しませんが、アルコールの摂取は肝臓に負担をかけます。肝臓はエネルギー代謝に重要で、アルコールの処理のために労力が奪われると、他の処理ができなくなります。またお酒は胃腸などの粘膜にも負担をかけ、癌の原因になると言われています。適度と都合良く言いますが、実際には飲酒習慣がある人ほどアルコールの摂取量は多く、積み重ねがあります。当然それも髪の毛の健康に良くありません。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『タバコとお酒の作用について考える』にまとめているのでそちらをご覧下さい。



髪の毛の健康と腸内環境の関係(別ブログリンク)

腸内環境を整え、便通を改善しておく事も、髪の毛の健康を維持するためには重要な事です。特に腸内細菌は食物繊維を分解する事ができますが、その際、ビタミンB群やビタミンKを合成する事ができます。この内、ビタミンB群(8種類)は糖・蛋白質・脂肪の代謝を補助する役割があり、これが髪の毛にとって重要です。ただし腸内環境は食物繊維の摂取だけでは改善されません。運動、睡眠、ストレスなど、生活習慣全体を見直す事が重要です。つまりそれらも髪の毛の健康に大きく関係しているのです。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『腸内環境の改善で身長が伸びる?その関係について』にまとめているのでそちらをご覧下さい。



記事検索
Amazon商品リンク
※画像はランダムに表示されます
  • ライブドアブログ