髪の毛に関する情報まとめ

髪の毛を労るための生活習慣(食事、栄養、運動、睡眠、洗髪法等)に関する情報をまとめたブログです。初めての方はこちらの記事からご覧下さい→→→→→『当ブログ概要』『全記事一覧

食習慣全体に対する考え方

髪の健康のために重要なサプリメント(別ブログリンク)

髪の毛の健康の維持のサポートになる可能性があるサプリメントについては、重複するものが多い事から、別のブログにまとめています。詳しくはブログ「バストアップする方法について考えてみた」の記事『バストアップのサポートに適したサプリメント簡易まとめ』をご覧下さい。

私としては髪の毛の健康を維持するために最も重要な事は「ホルモンバランスを整える事」であると考えています。そのためリンク先の記事で紹介しているサプリメントを利用する事でも、髪の毛を健康を維持するサポートになると考えています。お手数ですがそちらをご覧下さい。

髪の毛を労る13種のミネラル(別ブログリンク)

人間が生命活動を維持していく上で必須となるミネラルは全部で13種類ありますが、それらのミネラルは大きく2種類に分けられます。それが「主要ミネラル」と「微量ミネラル」です。簡単に説明すれば、主要ミネラルは生命活動を維持する上で必要量の多いミネラル、一方、微量ミネラルは主要ミネラルと比べれば必要量は少ないものの、なくてはならないミネラルです。

具体的にミネラルの名前を挙げると、ナトリウム、マグネシウム、リン、カリウム、カルシウムが主要ミネラル、そしてクロム、マンガン、鉄、銅、亜鉛、セレン、モリブデン、ヨウ素が微量ミネラルです。つまりナトリウム~カルシウムが必要量の多いミネラル、クロム~ヨウ素は必要量が少ないミネラルという事になります。

これらの中で、特に髪の毛の健康を維持する上で重要と思われるミネラルは、マグネシウム、鉄、銅、亜鉛、ヨウ素です。ただし前述したように13種類のミネラルは全てが人体にとって必須です。そもそも「心身が健康である」という事は「髪の毛が健康である」以前に大前提となる事です。心身が健康でなければ髪の毛も健康にはなりませんから、その意味でも13種類のミネラル全てを摂取すべきでしょう。特定の栄養素、及びそれを多く含む特定の食べ物に偏るというような事はあってはなりません。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『各種ミネラルの役割とそれを含む食品について理解しよう』にまとめているのでそちらをご覧下さい。


大塚製薬 ネイチャーメイド カルシウム・マグネシウム・亜鉛

こちらはカルシウム、マグネシウム、亜鉛をまとめて摂取する事ができるサプリメントです。毎食時1粒ずつ摂取すれば良いでしょう。
小林製薬 ヘム鉄 葉酸 ビタミンB12

こちらは細胞に酸素を運ぶのに必要な鉄と銅、鉄の吸収を促すビタミンC、赤血球を作るために必要なビタミンB6やビタミンB12、葉酸をまとめて補う事ができるサプリメントです。1日3粒目安のため、毎食時に摂取して補う事ができます。

「必須」以外のアミノ酸も髪に必要(別ブログリンク)

蛋白質は様々な種類のアミノ酸から作られています。中でも9種類の必須アミノ酸は、全ての蛋白質を作るために必要で、どれか一つでも欠けてはなりません。一方、そんな必須アミノ酸以外のアミノ酸の中にも、人体で重要な役割を持っているアミノ酸があります。例えばアルギニン、グルタミン、システイン、グリシンなどです。基本的には体内で合成可能ですが、人によって合成能力には違いがあり、人によってはそれらを摂取する事で、髪の毛に良い影響を与えるかもしれません。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『各種アミノ酸の役割について簡単に理解しよう』にまとめているのでそちらをご覧下さい。


バルクスポーツ アイソプロ

これは蛋白質を補給する事が出できるプロテインです。特にこのプロテインは「WPI(Whey Protein Isolate)」という精製法で作られ、蛋白質以外の不純物をできるだけ取り除いています。そのため乳製品由来の「乳糖」も殆ど含まれておらず、牛乳でお腹が緩くなるという人でも飲む事ができます(ただしそれでも人による)。
摂取量は1回20~40g程度。摂取するタイミングは運動後がベスト、それ以外は食事内容を見て毎食時に飲むと良いでしょう。尚、蛋白質以外の栄養素を摂取する事はできないため、他のサプリメントで別途補給する必要があります。巷では「プロテインダイエット」などとして飲む人もいるようですが、プロテインを飲むだけで満足しないように。

髪を労るための間食(別ブログリンク)

間食は不足しがちな栄養素を補給する手段として利用すべきです。特に必須アミノ酸、必須脂肪酸、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、マグネシウム、亜鉛、鉄、ヨウ素などが重要です。必要に応じ、プロテインやサプリメントを利用するのも良いでしょう。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『間食を上手く利用し、不足しやすい栄養素を補給をしよう』にまとめているのでそちらをご覧下さい。


間食時の栄養補給では以下のような商品がオススメです。

かぼちゃの種 ひまわりの種 松の実 ミックス 120g
aen-mix.jpg
ミネラルを補う事ができるナッツ類のミックスです。脂肪・カロリーには注意しましょう。
バルクスポーツ プロテイン アイソプロ
<
ホエイプロテインです。タンパク質の補給にオススメです。尚、蛋白質以外の栄養素は少ないので別途補給が必要です。

美容に良い?とされるマイナーな栄養素(別ブログリンク)

カルシウムやビタミンCなどと比べると、あまり名前の知られていない栄養素の中にも、髪の毛に良いなどと言われる事のある栄養素があります。ただし髪の毛とは直接関係のないと思われるものも多いため、詳細については別ブログ「ニキビを治す方法について考えてみた」にある『美容に良い?とされる少しマイナーな栄養素まとめ』にまとめています。お手数ですがそちらをご覧下さい。リンク先の記事で解説している栄養素は以下の通りです。

●プラセンタ
●ヒアルロン酸
●コエンザイムQ10
●セラミド
●アスタキサンチン

ちなみにこれらの栄養素以外では、例えばピクノジェノール、ニコチンアミドリボシド(NR)、タウリン、グルタミン、システイン、MSMなどもあるのですが、キリがないので省略しています。


記事検索
Amazon商品リンク
※画像はランダムに表示されます
  • ライブドアブログ