髪の毛に関する情報まとめ

髪の毛を労るための生活習慣(食事、栄養、運動、睡眠、洗髪法等)に関する情報をまとめたブログです。初めての方はこちらの記事からご覧下さい→→→→→『当ブログ概要』『全記事一覧

2017年11月

コラーゲンは髪の毛に良い?(別ブログリンク)

コラーゲンは蛋白質の一種で、様々な種類のアミノ酸から作られています。特に薄毛の原因の一つ、頭皮に存在するコラーゲンの減少及びその劣化が挙げられます。このためコラーゲンも髪の毛の健康を維持する上で何らかの良い影響をもたらすと思われます。

一方、コラーゲンについては「口から摂取してもアミノ酸まで分解されるので意味がない」とも言われています。しかし実は一部のコラーゲンは分解された後、アミノ酸よりも少し大きなペプチド(アミノ酸とアミノ酸が結合した状態)の状態で運ばれるという事が分かっています。

またその状態で運ばれた後、コラーゲンの合成に関わる酵素を活性化させ、その合成を促す事ができると言われています。更にコラーゲンにはグリシンやプロリンなどが多く含まれており、それらの材料を補給する事ができます。

コラーゲンに限らず、摂取した蛋白質はアミノ酸まで分解され、そのアミノ酸から蛋白質を再合成します。しかし実際には全てが最小のアミノ酸になってしまう訳ではありません。よってコラーゲンの摂取も「全く効果がない」とは言えません。少なくとも積み重ねる事によるメリットはあると思われます。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『コラーゲンを食べる意味はある?その効果や摂取方法まとめ』にまとめているのでそちらをご覧下さい。


ネオセル コラーゲンパウダー
collagen-powder
これは粉末状のコラーゲンです。摂取量の目安は特にありませんが、1回数gを小分けにし、特に空腹時に摂取すると良いと思われます。また「脂溶性ビタミンC(Amazon商品リンク)」も一緒に摂取すると尚良いでしょう。

セロトニン・ストレス・髪の毛の健康(別ブログリンク)

「セロトニン」は太陽の光を浴びる事で分泌が促されます。特にセロトニンはドーパミンやノルアドレナリンなど、ストレス反応に関わるホルモンを制御する役割があります。これにより精神を安定化させ、活動力をもたらしてくれます。ストレスがホルモンバランスを崩させ、薄毛の原因になるという事は周知の事実です。

またセロトニンはトリプトファンという必須アミノ酸から作られます。トリプトファンは蛋白質が豊富に含まれる食品、特に肉、魚、乳製品、卵、大豆などから摂取できるため、それらを意識的に食べる事も、セロトニンの分泌を促すために重要です。ただし必須アミノ酸が豊富な動物性の食品の食品には脂肪が豊富です。脂肪の必要量は運動量及び基礎代謝によって大きく変わるため、食事を過度には制限せずに、運動習慣に合わせて摂取量を考えましょう。


尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『ストレスで高血糖に?血糖値の調節に関わる様々なホルモン』や『セロトニンとメラトニンの作用について考える』などにまとめているのでそちらをご覧下さい。


オオサカ堂商品リンク

Source Naturals 5-HTP 50mg

これは「5-HTP(ヒドロキシトリプトファン:トリプトファンが代謝される過程で作られる物質)」のサプリメントです。摂取方法は1回50~100mgずつを、特に空腹時に小分けにして摂取するのが良いと思われます。ただし寝る前や運動前の摂取はオススメしません。また過剰摂取によっては逆にホルモンバランスを崩したり、下痢になる事もあるので、摂取量は各自調節が必要です。ご利用は自己責任でお願いします。

記事検索
Amazon商品リンク
※画像はランダムに表示されます
  • ライブドアブログ