髪の毛に関する情報まとめ

髪の毛を労るための生活習慣(食事、栄養、運動、睡眠、洗髪法等)に関する情報をまとめたブログです。初めての方はこちらの記事からご覧下さい→→→→→『当ブログ概要』『全記事一覧

2017年04月

キャベツは髪に効く?ボロンの効果について

ここでは女性ホルモンを活性化させる効果があるとされる「ボロン」という栄養素について、私なりに考えた事を書いてみます。尚、この記事ではあくまで要点のみをまとめています。詳細については別ブログ「バストアップする方法について考えてみた」にある記事『ボロンでバストアップ?摂取方法や注意点等』にまとめているのでそちらをご覧下さい。


ボロンとは?その作用について簡単に

ボロンとはいわゆる「ホウ素」の事であり、植物の細胞壁に存在する一般的な物質の一つです。このボロンで謳われている作用としては、例えばカルシウムの排出を抑制する作用、女性ホルモンであるエストロゲンを活性化する作用、ビタミンDを活性化する作用などが挙げられます。謳われている健康効果はおそらくこれらに由来するものと思われます。


ボロンはどのような食品に含まれる?

ボロンは例えばキャベツなどの野菜類全般、リンゴ・ナシ・ブドウ・モモなどの果実類全般、ヒジキ・コンブなどの海藻類全般、アーモンド・ピーナッツなどのナッツ類、その他レーズン、ハチミツ、寒天などにも含まれていると言われています。

ただしそれぞれに含まれている量はごく僅かで、例えばボロンを含む事で知られている「キャベツ」でも、前述したような効果を得るためには1日1玉以上食べなければならないと言われています。またボロンは熱に弱いと言われており、更にそれを生で食べなければなりません。毎日続けるとなれば精神的にも、とても現実的ではないでしょう。


ボロンの摂取量には注意する

もしボロンを摂取したい場合にはサプリメントになるでしょう。ただしボロンは1日数百mg摂取した場合、過剰摂取によって何らかの悪い症状(消化器系など。ただし重篤な副作用はない)が出るという報告があるようです。安全が確認されている範囲は4mgまでです(おそらくそれ以上摂取しても問題は少ないと思われるが、そのように数百mgも摂取するような極端な事はすべきではない)。ボロンの持つ作用としては分からない部分も多く、念のために摂取量には注意が必要でしょう。


ボロンを補給する事ができるサプリメントの紹介

Amazon商品リンク

ナウフーズ ボロン 3mg

これはボロンを摂取する事のできるサプリメントです。1粒3mgですので1日1粒~が目安となります。前述のように過剰摂取には注意しましょう。ご利用は自己責任で。


髪の毛の健康と甲状腺ホルモンの分泌について

甲状腺ホルモンは新陳代謝を促す働きのあるホルモンで、その分泌は髪の毛の健康にも影響を与えると言われています。この記事ではそんな甲状腺ホルモンについて私なりに考えた事をまとめています。尚、この記事ではあくまで要点のみをまとめています。詳細については別ブログ「腹筋を割る方法について考える」にある記事『筋肉を効率良く鍛えるために重要な甲状腺ホルモンについて』にまとめているのでそちらをご覧下さい。

甲状腺ホルモンの役割について

甲状腺ホルモンは喉仏の下辺りにある「甲状腺」という場所から分泌されるホルモンです。特に「古くなった細胞を取り除き、細胞を新しく作り変える」という新陳代謝の過程をスムーズにする役割があるとされ、実はあらゆる細胞に甲状腺ホルモンを受け取るための受容体があると言われています。つまり蛋白質の合成には必要不可欠なホルモンであり、髪の毛云々以前に、心身の健康を維持する上で非常に重要なホルモンです。


甲状腺ホルモンの分泌を促すには?

甲状腺ホルモンは暴飲暴食、過度な食事制限、過度なストレス、睡眠不足、過労などによって分泌が悪くなる事があります。規則正しい生活は必須でしょう。尚、甲状腺自体の機能を低下させる様々な病気もあり、それによって分泌が悪くなる場合もあります。症状は風邪に似ているとされ、誤認されやすいため、長期の体調不良が続いた場合はお医者さんに診てもらいましょう。

また甲状腺ホルモンはアミノ酸の一種である「チロシン」と、ミネラルの一種である「ヨウ素」などから作られています。この内、チロシンは必須アミノ酸の一種である「フェニルアラニン」から体内で合成されます。しかし必須アミノ酸は蛋白質を多く含む食品(肉、魚、卵、乳、大豆)から摂取できるので、それが制限されると稀に材料が不足してしまう事があります。特に蛋白質を多く含む動物性の食品は髪の毛に悪いという印象があり、過度な制限が逆効果になってしまう場合があります。

一方、ヨウ素は海産物全般に含まれるミネラルです。島国に住んでいる日本人は摂取機会に恵まれており、本来は意識的な摂取は必要ないものですが、同じように過度な食事制限の他、食物アレルギーや好き嫌いなどによっては稀に不足する可能性もあります。そうしてヨウ素が不足する事でも、甲状腺ホルモンの分泌が悪くなり、結果として髪の毛の健康に悪影響を及ぼす事があるのです。


記事検索
Amazon商品リンク
※画像はランダムに表示されます
  • ライブドアブログ