紫外線は細胞を酸化・劣化させる作用があり、浴び続ける事で頭皮にダメージを蓄積させます。ここではそんな紫外線から頭皮を保護するための対策について、私なりに考えた事をまとめています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

★当記事の目次

ここでは当記事内の章をリスト化しています。クリックする事で直接その場所へ飛ぶ事ができます。また戻りたい場合には各章の一番下にある「当記事の目次まで戻る」をクリックする事で再びこの場所に戻ってくる事ができます。


そもそも何故「日焼け」をするのか

そもそも「光」とは様々な波長の「電磁波」の総称です。特に太陽光では、目で見る事ができる「可視光線」、目で見る事ができず、可視光の赤色よりも波長の長い「赤外線」、また目で見る事ができず、可視光の紫色よりも波長の短い「紫外線」に分けられます。

これらの内、紫外線は非常に透過力が強く、生物の細胞を通過し、その細胞内にあるDNAを損傷させると言われています。そうして紫外線を浴びる事でDNAが傷つくと、細胞の正常な合成・複製が妨げられてしまいます。そのため人間の皮膚では「メラニン」という色素を合成し、これが紫外線を吸収し、細胞を保護しています。メラニン色素には橙赤色と黒褐色をもたらす2つの種類があり、それによって皮膚でメラニンが作られると次第に肌が黒くなっていきます。それこそが「日焼け」です。

ちなみにですが、メラニン色素は髪の毛の色や目の色を決める要素にもなっており、その配分によって色が決まっています。また髪の毛も目も紫外線による影響を受けて日焼けします。



紫外線の特性を簡単に理解しよう

太陽から降り注ぐ紫外線はその波長によって「近紫外線」「遠紫外線」「極紫外線」に分けられています。これらの内で地表まで到達するのは「近紫外線」です。

またこの近紫外線は「UVA」「UVB」「UVC」というように、更に細かく分けられています。この3種類の近紫外線の内でも、「UVC」は大気に殆どが吸収されてしまうので、実際に地表まで到達するのは「UVA」と「UVB」であり、これが我々人間の皮膚に降り注いでいます。そしてこの「UVA」と「UVB」の内、特に「UVA」の方が細胞内にあるDNAを損傷させ、「UVB」の方は皮膚表面に影響を与えると言われています。



帽子を被ると薄毛になる?

「帽子を被ると蒸れて頭皮に良くない」と言われるのですが、それよりも紫外線による頭皮へのダメージの方が良くありません。前述のように紫外線は細胞内にあるDNAを傷つけ、正常な細胞の合成を妨げるため、帽子を被らないまま直射日光を浴び続ける方が頭皮にはダメージとなります。外出する場合、基本的には頭皮への長時間の直射日光は避けるべきであり、紫外線対策としてのUVカットのできる帽子は非常に効果的なものです。

尚、例えばお風呂に入った時に指の先がシワシワになって「ふやける」事があると思いますが、そうして皮膚がふやけた状態の時に、体を強くゴシゴシと擦って洗ってしまったり、あるいは水気を拭き取る時に強く擦ってしまうと、それが皮膚へのダメージになる事があります。これは洗顔や洗髪でも同様です。つまり帽子を被って汗をかいた時、それと同じ事が起これば、頭皮へのダメージになる事はあり得ると思います。汗を拭く際には決して髪の毛や頭皮を擦らないように注意しましょう。もちろん紫外線への防御力を低下させるような、普段の頭皮の洗い方にも注意すべきです。



紫外線対策として重要になる生活習慣の改善

人間の体では古くなった細胞を壊し、新しい細胞を作る事で、常に細胞の健康を維持しています。髪の毛が薄くなってしまうのは、そのような細胞の破壊と修復のバランスが崩れている事が原因となっており、それを整える事が髪の毛を労る事に繋がります。

髪の毛を労るために最も重要になるのが「睡眠習慣の改善」です。睡眠中は「成長ホルモン」という細胞の成長を促す役割があるホルモンが分泌され、それによって新陳代謝が促されます。つまり睡眠の質が悪ければ、細胞は劣化していく一方です。「毎日同じ時間に寝て同じ時間に起きる」「明るくなったら起き、暗くなったら寝る」「十分な睡眠時間を確保する」「睡眠環境を整える」などを心がけましょう。

もちろん食習慣の改善も重要です。紫外線を浴びる事によっては活性酸素が発生します。それをコントロールするために「抗酸化ビタミン(ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE)」を摂取すべきです。この中でも特にビタミンCはコラーゲンの合成に必要です。

またそのコラーゲンの材料となる必須アミノ酸(全9種類のバランスが重要)の他、代謝を補助するビタミンB群やマグネシウム、成長ホルモンの分泌や蛋白質の合成に関与する亜鉛、細胞に酸素を送るための鉄や銅(血液を作るにはビタミンB群も必要)、そして水分代謝を適切に行うための水分補給とカリウム(ナトリウムとのバランスが重要、ナトリウムは過度に制限すべきではない)、更には性ホルモンや皮脂を正常に分泌させるための必須脂肪酸(ω-3脂肪酸とω-6脂肪酸のバランスが重要)も必要です。このように全体的な栄養バランスを考えましょう。尚、紫外線を避ける場合、ビタミンDの補給も必要になります。

もちろんそれだけの栄養を摂取しても、それが細胞へ届かなければ意味がありません。つまり頭皮への血流を促すような全身を使った有酸素運動や、顔の筋肉を動かすような顔筋トレーニング、更には頭皮のマッサージなども必要になるでしょう。更には頭皮を清潔に保つための洗い方、コンディショナーやトリートメントなどの使い方、お風呂の入り方、枕やソファなど頭が触れる場所の清潔さ、寝相(全身の筋肉の柔軟性が重要と言われている)、内外のストレスコントロール(活動と休養のメリハリ、楽しい事をする、新しい事をする等)、その他では室温や湿度なども、注意しようと思えば注意できるものです。

日本人は健康のため、ダイエットのためにと何かをする場合、食習慣だけを改善してどうにかしようとします。しかしこのように「紫外線対策」とはヒコトコで言っても、すべき事はたくさんあるのです。食習慣を少し弄るだけで満足しないようにしましょう。



オススメのサプリメント・その他商品一覧

ここでは特に抗酸化作用を持つとされる栄養素、あるいは代謝を補助する作用があるとされる栄養素を補う事ができるようなサプリメントを紹介しています。尚、ここでは空気清浄機も載せていますが、あくまで一例です。加湿機能があり、湿度が管理できればこの商品である必要はありません。

柳屋 薬用ヘアトニック フケ・カユミ用NOW Foods ベータカロテン

薬用ヘアトニックです。起床後、洗髪後、整髪前等に利用する事でフケや痒みを抑えます。

これはβ-カロテンを補う事ができる海外製のサプリメントです。尚、容器には1日1粒目安と書かれています。レチノールとは違って過剰摂取の心配はおそらくありませんが、日本で販売されているβ-カロテンのサプリメントと比べれば1粒当たりの量が多いため、万が一のためにも用法用量はしっかりと守りましょう。
Now Foods ウルトラオメガ3超高濃度マグネシウム 50ml

これは必須脂肪酸である「ω-3脂肪酸(DHA・EPA)」を補う事ができるサプリメントです。1日1~2粒を目安に摂取すると良いと思われます。尚、α-リノレン酸は摂取できないので注意が必要です。

マグネシウム単体を補う事のできるサプリメントです。飲み物に溶かして飲む事ができます。マグネシウムは過剰摂取により下痢しやすいですが、これは量の調節が簡単なのでオススメです。容器によると1ml(10滴)で100mg前後のマグネシウムが摂取できるようです。最初はそれよりも少ない量から始めてみて、少しずつ慣らしていくと良いと思います。多くても2ml(20滴)までで留めましょう。
NOW Foods 脂溶性ビタミンCMRM コンプリートビタミンE
ascorbyl-palmitate
これは脂溶性のビタミンCを摂取する事ができるサプリメントです。摂取方法としては1回500mg~を朝と晩に分けて摂取すると良いでしょう。尚、ビタミンCは大量摂取しても問題は少ないので、水溶性の方も合わせて摂取しておくと良いかもしれません。

これは抗酸化作用を持つとされるビタミンEを摂取する事ができるサプリメントです。摂取量の目安は1日0~1錠(心配な場合は「1~2日おきに1錠」にする等各自調節)です。
LIFE STYLE B-50 コンプレックスシャープ 加湿・空気清浄機 プラズマクラスター KC-G50

これはビタミンB群をまとめて補う事のできるサプリメントです。目安は1日1~2粒を朝だけ、晩だけ、あるいは朝晩に摂取すると良いでしょう。

空気清浄機です。スチームで湿度管理ができます。