マグネシウムはミネラルの一種で、心身の健康を維持する上で必要不可欠な栄養素です。しかし食品からでも元々の吸収率が悪いため、摂取方法には工夫が必要です。ここではそんなマグネシウムについて、その役割と摂取方法を私なりにまとめています。尚、この記事ではあくまで要点のみをまとめています。詳細については別ブログ「腹筋を割る方法について考える」にある記事『マグネシウムは筋肉に良い?その効果と摂取方法』にまとめているのでそちらをご覧下さい。

マグネシウムの役割について簡単に

マグネシウムの作用についてはまだ分かっていない部分も多いのですが、特に骨に多く使われている他、様々な酵素の働きをサポートし、エネルギー代謝、特に蛋白質の合成を助ける役割があると言われています。その積み重ねは髪の毛の健康にも影響を与えるはずです。

またマグネシウムは神経伝達にも関与し、筋肉の収縮を制御する役割があると言われています。特にマグネシウムは発汗によって失われやすく、大量に汗をかいて一時的にでも体内のマグネシウムが不足すると、体温調節が上手くできなくなったり、筋肉の痙攣(いわゆる足が攣る等)などが起こりやすくなる事があります。

ちなみにマグネシウムは免疫機能にも関与しているとされており、一説によれば炎症反応を制御する役割があるとも言われています。この他マグネシウムは脳内にも存在し、最近ではその不足が鬱病と関連しているのではないか、という事も指摘されているようです。


マグネシウムは元々の吸収率が悪い?

マグネシウムは元々の吸収率が悪いと言われています。例えマグネシウムを大量に摂取したとしても、全てが吸収される訳ではありません。一度に大量に摂取するのではなく、毎日少しずつ摂取するという事が重要です。

またこれは個人差が大きいのですが、マグネシウムが上手く吸収されず、腸内のマグネシウム濃度が上がると下痢してしまう事があります。実際それを利用した下剤があるように、一度に大量のマグネシウムを摂取すると下痢しやすいので注意しましょう。サプリメントではそのリスクが高いです。


マグネシウムを多く含む食品について

マグネシウムを多く含む食品としては、特に大豆製品とナッツ類が圧倒的です。その他では小魚類、貝類、甲殻類、キノコ類、海藻類などにも多く含まれています。

何故マグネシウムを意識的に摂取しなければならないのかというと、前述した吸収率の悪さに加え、そもそもそれらのような「ミネラル豊富な食品を習慣的に毎日食べる」という人が少ないからです。大豆製品でも、例えば「納豆を毎朝食べる」という習慣のある家庭は多く、その点は良いのですが、大豆製品のようなマグネシウムを含む食品を「毎食時に食べる」となると、逆にそういう習慣のない家庭の方が多いと思います。できれば毎食時にマグネシウムを補給したいところです。

というと納豆だけをたくさん食べようとする人も多いのですが、確かに納豆は栄養が高い食品の一つですが、それだけでは摂取できない栄養素、及びその栄養素の絶対量が足りません。一つの食品に固執するのではなく、色んな食品からマグネシウムを摂取すべきでしょう。


マグネシウムを含むオススメの商品について

もしマグネシウムの不足が心配される方は以下のような商品をオススメします。特に内容量の多いサプリメントでは下痢をしやすいので、ここでは量の調節が容易な商品を紹介しています。またマグネシウムは皮膚からも吸収させる事ができると言われているため、入浴剤も合わせて紹介しています。ただしあくまで食品からの摂取が基本です。

超高濃度マグネシウム 50ml

マグネシウム単体を補う事のできるサプリメントです。飲み物に溶かして飲む事ができます。前述のようにマグネシウムは過剰摂取により下痢しやすいのですが、これは量の調節が簡単なのでオススメです。容器によると1ml(10滴)で100mg前後のマグネシウムが摂取できるようです。最初はそれよりも少ない量から始めてみて、少しずつ慣らしていくと良いと思います。多くても2ml(20滴)までで留めましょう。
エプソムソルト

硫酸マグネシウムを含む入浴剤です。これをお風呂のお湯に溶かし、それに浸かる事で、皮膚からもマグネシウムを吸収させる事ができると言われています。一説によれば筋肉疲労などにも効果があると言われています。尚、1回に使用する量の目安は150cc~です。大量に使ったからと言って全てが吸収される訳ではないので注意しましょう。
おかめ納豆 ひきわり納豆

納豆は蛋白質、必須脂肪酸、マグネシウム、ビタミンB群、ビタミンKをいずれも豊富に含んでおり、非常に栄養価の高い食品の一つです。特にひきわり納豆はビタミンKに秀でています。