ここではバストアップに必要なサプリメントについて簡単にまとめています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

★タンパク質(必須アミノ酸)を補うプロテインやサプリメント

まずはタンパク質及びアミノ酸を補う事ができるプロテイン・サプリメントの紹介です。

●「プロテイン」とは?

プロテインと聞くと筋肉を鍛えているスポーツ選手やボディビルダーなどをイメージすると思います。そもそもプロテインとは何なのか?という話ですが、プロテインは日本語で「タンパク質」と言います。すなわちプロテインは「タンパク質の補給に特化した栄養補助食品」なのです。発毛・育毛のためには必須アミノ酸のバランスが非常に重要ですが、プロテインは全ての必須アミノ酸がバランス良く含まれており、逆に動物性の食品に含まれている脂肪はほとんど含まれていません。よって筋トレをするだけでなく、美容のためにも非常に重要な栄養補給源になります。

●ホエイタンパクとカゼインタンパクについて

乳製品由来のタンパク質には「ホエイタンパク」と「カゼインタンパク」の2種類があります。この内、ホエイタンパクはカゼインタンパクと比べると吸収が非常に速いという特徴があります。そのため何もしない状態でホエイプロテインを飲んでもそのほとんどは無駄(摂り過ぎたタンパク質は脂肪になる)になってしまいますが、激しい運動を行った直後における栄養補給には適しています。例えばホエイタンパクが使われたホエイプロテインの飲み方としては、100%果汁のオレンジジュースに溶かして飲むのがオススメです。オレンジジュースは筋肉を動かすために必要なエネルギーである糖はもちろん、その糖の貯蔵を回復させる事ができる「クエン酸」も豊富に含まれており、筋肉の疲労を素早く回復させる事ができます。「プロテイン」と聞くとよく牛乳に溶かす人も多いですが、牛乳はホエイタンパクよりもカゼインタンパクの方が多く含まれているため、逆に吸収が遅くなります。溶かすなら野菜・果物のジュースか水が良いでしょう。

一方、カゼインタンパクはホエイタンパクよりも吸収自体は遅いのですが、吸収を行う時間を伸ばして少しずつ吸収させる事ができます。そのため「寝る前」「1日中体を動かない」でなければ飲むタイミングを選びません。同様に大豆由来のタンパク質であるいわゆる「ソイプロテイン」もカゼインプロテインほどではありませんが吸収が遅く、いつでも飲む事ができるのでオススメです。ただしプロテインはいずれも「タンパク質を摂る」という事に特化しているため、それだけではビタミンやミネラルなどが不足してしまいます。普段の食事を重視しましょう。

●プロテインの選び方について

前述したようにプロテインはタンパク質を補給するためのものであり、糖・脂肪・ビタミン・ミネラルなどは普段の食事及び他のサプリメントで補う事が重要になります。よってプロテインを選ぶ際には「含まれるタンパク質の多さや質」「タンパク質以外の不純物が含まれていない事」「カロリー・糖・脂質・塩分が低い事」「値段と容量」などを基準に選ぶと良いでしょう。その条件を満たしたプロテインとしては下記にもある通り「バルクスポーツ」がオススメです。

●プロテイン商品紹介

・バルクスポーツ ビッグカゼイン

バルクスポーツ・ビッグカゼイン
吸収が緩やかな「カゼインタンパク」のプロテインです。吸収が遅いため飲むタイミングを選びません。またほぼタンパク質しか含まれていないシンプルな商品で、値段が安いというのが大きな特徴になっています。ただし運動習慣のない人では飲んでも無駄になるだけですし、乳製品由来のため人によってはお腹が緩くなる事があります。またビタミンやミネラルは他の食品で補う必要があります。

・バルクスポーツ アイソプロ

バルクスポーツ・アイソプロ
こちらは「ホエイタンパク」のプロテインです。特にこのプロテインでは「WPI(Whey Protein Isolate)」という不純物をできるだけ取り除く方法によって作られており、乳糖がほとんど含まれていません。「乳糖」というのは乳製品由来の糖の事であり、これが人によってはお腹が緩くなる原因とされている物質です。このプロテインにはそれがないので牛乳を飲んでお腹が緩くなったりする人にオススメします。ただしこのプロテインも本来は激しい運動の直後に飲むために作られており、吸収が非常に速いという特徴があります。運動を行っていない人では飲んでも無駄になるだけです。

●アミノ酸のサプリメントについて

「必須アミノ酸をバランス良く補る」という目的では断然プロテインの方がオススメなのですが、サプリメントでは主に「不足しやすいアミノ酸単体」を補う目的で利用します。例えば成長ホルモンの分泌に関わるアルギニン、睡眠やコラーゲンの材料になるグリシン、セロトニンの材料となるトリプトファンなどのアミノ酸が挙げられます。アミノ酸系のサプリメントは「そのアミノ酸だけ」を補う事ができるため、普段の食事に重点を置く事ができます。タンパク質を摂り過ぎるとその一部が脂肪として蓄えられてしまいますから、それを防ぐ事ができるのです。

●アミノ酸サプリメント商品紹介

・ファイン シトルリン

ファイン・シトルリン
アルギニンは「必須アミノ酸」ではありませんが、成長ホルモンの分泌に関係する重要なアミノ酸の一つであるため、特に「準必須アミノ酸」と呼ばれています。人によってはアルギニンを合成する能力が低い人もおり、特に子どもではその差が身長の伸びや怪我の治りやすさなどにも影響します。当然ながら発毛・育毛のためにも非常に重要となるアミノ酸であり、摂っておいて損はありません。

・ファイン グリシン3000

ファイン・グリシン3000
睡眠やコラーゲンの材料に使われているグリシンというアミノ酸を補うサプリメントです。これも必須アミノ酸ではないですが、夜寝付きが悪かったり、二度寝三度寝をするなど睡眠が浅くなりがちの人にはオススメです。

・リッチパウダー L-トリプトファン

リッチパウダー・L-トリプトファン
睡眠に深く関わるホルモンであるメラトニンやセロトニン。その材料となる必須アミノ酸のトリプトファンを補う事ができるサプリメントです。特にメラトニンは性ホルモンの分泌をコントロールする役割があり、その分泌が崩れと女性ホルモンの分泌量を減らしたり、男性ホルモンを過剰に分泌させるなどホルモン分泌を不安定化させます。摂っておいて損はありません。


★ビタミンを補うためのサプリメント

●髪の毛を労るために必要なビタミンについて

発毛・育毛に必要となるビタミンは、特にレチノール(抗酸化、皮膚・粘膜の健康維持、脂溶性、いわゆるビタミンAの事)、ビタミンB群(糖・タンパク質・脂肪の代謝、水溶性)、ビタミンC(抗酸化、コラーゲンの合成、鉄の吸収促進、水溶性、熱に弱い)、ビタミンE(抗酸化、末梢血管拡張、脂溶性)となります。また特に女性で不足しやすいビタミンはビタミンD(カルシウムの吸収、脂溶性・紫外線により体内合成可能)、ビタミンK(止血、カルシウムの吸収、脂溶性)です。

この内、ビタミンB群やビタミンKはその一部を腸内でも作る事ができるため、腸内環境が崩れやすい人では不足する事があります。すなわちビタミンB群やビタミンKを直接補給するよりも、まず腸内環境を整えた方が髪の毛には良い効果があります。またビタミンB群やビタミンCは水溶性ビタミンであり、一度の食事で大量に摂っても蓄えておく事ができません。放っておけば水と一緒に体の外へ出て行ってしまうため、発毛・育毛のためには定期的に摂る事が重要です。

尚、レチノール・ビタミンD・ビタミンE・ビタミンKはいずれも脂溶性ビタミンであり、脂肪と一緒に摂る事でその吸収が促されますが、体に蓄積しやすいため過剰摂取のリスクがあります。心配なのであればそれを含む食品を上手く抑え、不足分はサプリメントで補うようにしましょう。ちなみにレチノールはカロテノイド(β-カロテン等)で代用が可能であり、そちらを利用すれば過剰摂取の心配はありません。

●ビタミン系サプリメントの商品紹介

・DHC マルチカロテン
DHC マルチカロテン
抗酸化作用のある様々な種類のカロテノイドを補う事ができるサプリメントです。カロテノイドはレチノールの代わりに使われるビタミンAで、特に皮膚や粘膜の健康維持に必要になります。

・小林製薬 ビタミンB群

小林製薬の栄養補助食品 ビタミンB群
糖・脂肪・タンパク質の代謝に関わるビタミンB群を補う事ができるサプリメントです。ビタミンB群はほとんど食品に含まれており、その一部は腸内でも作る事ができるため、本来不足する事はありません。しかし腸内環境が崩れやすい人は不足しやすいため、こういったサプリメントがオススメです。

・小林製薬 ビタミンC

小林製薬・ビタミンC
抗酸化作用を持ち、コラーゲンを作るために必要なビタミンCを補う事ができるサプリメントです。ビタミンCは過剰摂取の心配がほとんどないのですが、前述の通り一度にたくさん摂っても意味はありません。この商品は1日3粒目安なので毎食後に飲むようにすると良いでしょう。

・小林製薬 ビタミンE

小林製薬 ビタミンE
抗酸化作用を持ち、末梢の血管を拡張して血流を促す効果を持つビタミンEを補う事ができるサプリメントです。脂溶性ビタミンのため摂り過ぎには十分注意が必要です。


★ミネラルを補う事ができるサプリメント

●髪の毛を労るために必要なミネラルについて

発毛・育毛をする上で重要となるミネラルはカリウム、マグネシウム、亜鉛、鉄分、銅、ヨウ素などです。ただし亜鉛、鉄、銅、ヨウ素に関しては必要量が多くなく過剰摂取のリスクがあり、重要だからといって摂り過ぎると逆に健康を損なうだけです。サプリメントの過剰な服用には十分注意しましょう。

●ミネラル系のサプリメント商品紹介

・ネイチャーメイド スーパーマルチビタミン&ミネラル

ネイチャーメイド・スーパーマルチビタミン&ミネラル
ほぼ全てのビタミンとミネラルをバランス良く補う事のできるサプリメントです。ただしこの商品には亜鉛や銅が多く含まれているため、普段の食事によっては過剰摂取のリスクが出てきます。一粒も大きいので半分に砕き、2回に分けて飲むと良いでしょう。粒の真ん中に切り込みがあり、そこに両手の親指の爪を当てると割りやすいです。

・ディアナチュラ ストロング39アミノマルチ

ディアナチュラ・ストロング39アミノマルチ
こちらもビタミンやミネラルを補う事ができますが、同時にアミノ酸(アミノ酸を補給するならプロテインやアミノ酸系サプリメントの方が含有量は上)も補う事ができます。尚、これは上記の商品とは違って「1日3粒目安」になっており、過剰摂取のリスクはある程度抑えられています。朝食、昼食、夕食と毎食後に飲むようにすると良いでしょう。

・ライフスタイル マグネシウム

ライフスタイル・マグネシウム
マグネシウムは様々な酵素の働きを助け、糖・脂肪・タンパク質の代謝に関係しています。またカルシウムと共に骨を形作る際にも使われています。これはそのマグネシウムを補う事ができるサプリメントで、カルシウムと一緒に摂る事で吸収率が良くなります。余談ですがマグネシウム系のサプリメントは大抵カルシウムなど他のミネラルが一緒になった商品が多く、このような「マグネシウムだけ」を補う事ができるサプリメントは中々ありません。

・ネイチャーメイド カルシウム・マグネシウム・亜鉛

ネイチャーメイド・カルシウム・マグネシウム・亜鉛
カルシウム、マグネシウム、亜鉛をまとめて補う事ができるサプリメントです。このサプリメントは1日3粒目安のため、亜鉛の過剰摂取によるリスクはある程度抑えられていますが、食事によってはそれでも亜鉛を摂り過ぎてしまう事があります。自分の食事内容に合わせて飲む量を調節しましょう。

・ネイチャーメイド 鉄

ネイチャーメイド 鉄
細胞に酸素を運ぶために必要な鉄分を補う事ができるサプリメントです。必要量は多くないため過剰摂取には注意が必要ですが、鉄分の不足しやすい女性では摂っておいて損はありません。

・ナウフーズ ヨウ素

ナウフーズ ヨウ素 60錠入り
新陳代謝を促す役割のある甲状腺ホルモンの分泌に必要なヨウ素を補う事ができるサプリメントですが、必要量は多くないため過剰摂取には十分な注意が必要です。身近な食品では海藻類に多く含まれています。


★髪の毛を労るために役立つかもしれないその他サプリメント

・ワイルドヤム

ワイルドヤム
海外製ですが「ジオスゲニン」という栄養素を補う事ができる珍しいサプリメントです。ジオスゲニンは性ホルモンの分泌バランスを整える事ができるため、発毛・育毛にも効果があると言われています。尚、身近な食品ではヤムイモ(日本で言う山芋の仲間)に含まれています。ただし男性では摂り過ぎると女性化する事があります。

・ネイチャーメイド スーパーフィッシュオイル

ネイチャーメイド・スーパーフィッシュオイル
必須脂肪酸(ω-3脂肪酸)を補う事ができるサプリメントです。脂肪は性ホルモンなどの材料に使われており、人間にとって必要不可欠なものです。特にこの「ω-3脂肪酸」は不足しやすいと言われており、青魚や植物性の油(エゴマ、アマニ、シソ)が苦手な人にオススメです。尚、脂肪の多い料理に含まれるのは「ω-6脂肪酸」であり、こちらも必須脂肪酸ですが現代人は摂り過ぎていると言われています。そのバランスは脂肪の代謝及び頭皮の健康にも影響を与えます。

・プエラリア・ミリフィカ

プエラリア・ミリフィカ
女性ホルモンの分泌を促すとされるイソフラボンを含んだ「プエラリア(マメ科の根)」のサプリメントです。その含有量は一般的な大豆に含まれる大豆イソフラボンの約40倍と言われています。ただし男性では摂り過ぎると女性化する事があります。

・ナウフーズ ボロン

NOW Foods ボロン
女性ホルモンの働きを活性化させるとされている「ボロン」のサプリメントで、特にバストアップに効果があると言われています。1日1粒目安ですが、男性では摂り過ぎると女性化する事があります。


★その他手元にあると便利なもの

●ザバスプロテインシェーカー

ザバスプロテインシェーカー
プロテインを水などに溶かす際に使います。