コラーゲンは蛋白質の一種で、様々な種類のアミノ酸から作られています。特に薄毛の原因の一つ、頭皮に存在するコラーゲンの減少及びその劣化が挙げられます。このためコラーゲンも髪の毛の健康を維持する上で何らかの良い影響をもたらすと思われます。

一方、コラーゲンについては「口から摂取してもアミノ酸まで分解されるので意味がない」とも言われています。しかし実は一部のコラーゲンは分解された後、アミノ酸よりも少し大きなペプチド(アミノ酸とアミノ酸が結合した状態)の状態で運ばれるという事が分かっています。

またその状態で運ばれた後、コラーゲンの合成に関わる酵素を活性化させ、その合成を促す事ができると言われています。更にコラーゲンにはグリシンやプロリンなどが多く含まれており、それらの材料を補給する事ができます。

コラーゲンに限らず、摂取した蛋白質はアミノ酸まで分解され、そのアミノ酸から蛋白質を再合成します。しかし実際には全てが最小のアミノ酸になってしまう訳ではありません。よってコラーゲンの摂取も「全く効果がない」とは言えません。少なくとも積み重ねる事によるメリットはあると思われます。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『コラーゲンを食べる意味はある?その効果や摂取方法まとめ』にまとめているのでそちらをご覧下さい。


ネオセル コラーゲンパウダー
collagen-powder
これは粉末状のコラーゲンです。摂取量の目安は特にありませんが、1回数gを小分けにし、特に空腹時に摂取すると良いと思われます。また「脂溶性ビタミンC(Amazon商品リンク)」も一緒に摂取すると尚良いでしょう。