この記事では蛋白質の一種であるコラーゲンについて私なりに考えた事を書いてみます。尚、この記事ではあくまで要点のみをまとめています。詳細については別ブログ「腹筋を割る方法について考える」にある記事『コラーゲンは筋肉に良い?その効果と摂取方法』にまとめているのでそちらをご覧下さい。


必須アミノ酸以外の重要なアミノ酸

9種類の必須アミノ酸は常に食事から摂取し続けなければなりません。しかしそんな必須アミノ酸以外にも、重要な役割を持つとされるアミノ酸があります。それが例えば「アルギニン」「グルタミン」「チロシン」「グリシン」などです。体内で利用される殆どのアミノ酸は全て必須アミノ酸から作る事ができますが、不足した際のデメリットが大きいため、意識的に摂取すべきアミノ酸と言えます。

それらの役割を簡単に説明すると、例えばアルギニンは成長ホルモンの分泌・コラーゲンの合成・末梢血管の拡張などに、チロシンはドーパミンやノルアドレナリンなど神経伝達物質の材料に、グルタミンは細胞の酸化ストレスからの保護や腸の活動エネルギーなどに、グリシンは睡眠の質改善・コラーゲンの材料などとして使われています。


口から摂取するコラーゲンには効果があるの?

コラーゲンを口から摂取する事では、その合成に必要なアミノ酸を補給できます。特にコラーゲンに多く含まれるアミノ酸としてグリシンやプロリンが挙げられ、コラーゲンを摂取する事では、少なくともそれらを補給する事ができます。また一説によれば、コラーゲンを摂取する事でコラーゲンの合成に関わる酵素を活性化させる事ができるとする研究結果もあるようです。コラーゲンは吸収される際にアミノ酸まで一旦分解されるため、「口からコラーゲンを摂取する事による効果がある」と言い切る事はできませんが、「必ずしも無意味」と言い切る事もできないと私は考えます。害のあるものなら別としてコラーゲンはそういう類のものではないので、摂取しても損は少ないのではないでしょうか。

ちなみにコラーゲンを摂取する際はパイナップルジュースに入れて溶かし、少し時間を置く事をオススメします。パイナップルやパパイヤなどには蛋白質分解酵素が含まれており、これによってコラーゲンの分子が少しバラけ、グリシン、プロリン、アルギニンなどコラーゲンに含まれるそれぞれのアミノ酸の吸収率を高める事ができると言われています。(グリシンやアルギニンをサプリメントで摂取するという方法もある)。


そもそもコラーゲンは髪の毛に効果があるの?

いわゆる薄毛はコラーゲンの合成が上手くできず、コラーゲンの質が悪くなったり、その量が減少する事が原因の一つと言われています。これは加齢によって誰でも起こる事ですが、もしコラーゲンを摂取する事による効果があるとすれば、それを積み重ねる事によってコラーゲンを維持し、薄毛を予防する事ができるかもしれません。もちろんコラーゲンの合成に必要なビタミンCも重要です。ただし摂取したからと言ってすぐに髪の毛が生えてくる訳ではありません。


コラーゲンを皮膚に塗る事で得られる効果はある?

シャンプーや育毛剤などでもコラーゲンを含むと謳う商品は数多く存在します。しかしそもそも例え吸収されたとして、そのコラーゲンがそのまま皮膚の材料として使われる事はなく、基本的にコラーゲンは細胞内でアミノ酸から合成されるものです。「コラーゲンを皮膚に塗る」事による効果が「ない」とまでは言いませんが、それならコラーゲンの材料となる必須アミノ酸の摂取、及びビタミンCの摂取を重視し、体の内側からのケアを行った方が良いのではないでしょうか。


蛋白質を補給するようなプロテイン・サプリメントの紹介

もし蛋白質やアミノ酸の不足が心配される方は以下のような食品をオススメします。

バルクスポーツ アイソプロ

これは「WPI(Whey Protein Isolate)」という精製法で作られたホエイプロテインで、蛋白質以外の不純物が殆ど含まれていません。そのため乳糖によりお腹が緩くなる人も飲む事ができ、特に「余計なものを摂りたくない人」にオススメです。摂取方法は基本的に運動直後がベスト、それ以外は食事の内容を見て普段の食事時に飲むと良いでしょう。尚、蛋白質以外の栄養素を摂取する事はできないので、他のサプリメントで補給する必要があります。
ネオセル コラーゲンパウダー
collagen-powder
これは粉末状のコラーゲンです。摂取量の目安は特にありませんが、1回数gを小分けにして空腹時などに摂取すると良いでしょう。また「ビタミンC(Amazon商品リンク)」も合わせて摂取すると良いでしょう。尚、ここでは左の商品を紹介していますが、容量が少ないので、コスパを選ぶのであれば普通に店頭に売られている「コラーゲンパウダー(Amazon商品リンク)」でも問題ありません。