ここでは女性ホルモンを活性化させる効果があるとされる「ボロン」という栄養素について、私なりに考えた事を書いてみます。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

ボロンとは?その作用について簡単に

ボロンとはいわゆる「ホウ素」の事であり、植物の細胞壁に存在する一般的な物質の一つです。このボロンで謳われている作用としては、例えばカルシウムの排出を抑制する作用、女性ホルモンであるエストロゲンを活性化する作用、ビタミンDを活性化する作用などが挙げられます。これらの作用によっては特に更年期障害の予防、骨粗鬆症の予防、バストアップ、薄毛予防、その他様々な「美容」の効果があると言われているようです。


ボロンはどんな食品に含まれる?

ボロンを含む食品を挙げると、例えばキャベツなどの野菜類全般、リンゴ・ナシ・ブドウ・モモなどの果実類全般、ヒジキ・コンブなどの海藻類全般、アーモンド・ピーナッツなどのナッツ類、その他レーズン、ハチミツ、寒天などにも含まれていると言われています。このようにボロンは植物性の食品に一般的に含まれている栄養素です。

ただしそれぞれに含まれている量はごく僅かで、例えばボロンを含む事で知られている「キャベツ」の場合でも、前述したような効果を得るためには、1日1玉以上食べなければならないと言われています。またボロンは熱に弱いと言われており、キャベツの場合にはそれをそのまま生で食べなければなりません。毎日続けるとなれば精神的にも、とても現実的ではないでしょう。


ボロンの摂取量には注意する

そのようにボロンは植物性の食品に一般的に含まれており、バランスの良い食習慣をしていれば自然に摂取する事ができます。ビタミンやミネラルのように必須栄養素でもない事から、決して意識的に摂取する必要はありません。無理してキャベツをたくさん食べた結果、それ以外の栄養バランスが偏り、健康を害してしまったら何の意味もないのです。

よって、もしボロンを摂取したい場合にはサプリメントになるでしょう。ただしボロンは1日数百mg摂取した場合、過剰摂取によって何らかの悪い症状(消化器系など。ただし重篤な副作用はない)が出るという報告があるようです。安全が確認されている範囲は4mgまでです(それ以上は不明)。ボロンの持つ作用としても分からない部分が多く、念のために摂取量には注意が必要でしょう。


ボロンを補給する事ができるサプリメントの紹介

Amazon商品リンク

ナウフーズ ボロン 3mg

これはボロンを摂取する事のできるサプリメントです。1粒3mgですので1日1粒が目安となります。前述のように過剰摂取には注意しましょう。ご利用は自己責任で。