ジオスゲニンという栄養素を聞いた事があるでしょうか。ジオスゲニンはヤムイモに含まれている成分で、性ホルモンの分泌を促す作用があると言われており、美容に対してサポートとなる可能性がある栄養素です。ここではそんなジオスゲニンについて私なりに考えた事を書いてみます。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

ジオスゲニンとは?その効果について

ジオスゲニンは「ヤムイモ」に多く含まれているとされる植物ステロールの一種で、女性ホルモンの一種である「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の前駆体になると言われています。このプロゲステロンは女性が妊娠~出産を行うための機能を発達させ、その準備を促す役割があります。特に思春期以降に分泌量が増え、同時期に分泌が促される別の女性ホルモン「エストロゲン(卵胞ホルモン)」の分泌をコントロールする役割も持っています。つまりジオスゲニンは大人の女性に変化する事をサポートする可能性がある訳です。

一方、実は男性でもプロゲステロンやエストロゲンは分泌されています。その分泌量は非常に少ないですが、同じようにプロゲステロンはエストロゲンの分泌を調節、またそのエストロゲンは男性ホルモンの分泌を調節するために働いています。特に男性ホルモンはその過剰分泌によって、いわゆる薄毛は進行すると言われています。ジオスゲニンによって男性ホルモンの分泌が調節されれば、髪の毛にも何らかの作用をもたらす可能性があります。これは女性でも同じ事です(女性でも男性ホルモンは分泌されている)。

ちなみに女性ホルモンと言うと、大抵は「エストロゲン」の事を指します。女性におけるエストロゲンは思春期以前から継続的に分泌されており、その蓄積によって思春期へ向かうスイッチが入ると言われています。またエストロゲンは脂肪の代謝に深く関与し、分泌量が増えると胸を中心として全身に脂肪がつきやすくなります。これにより女性らしい体つきへ変化する事を促します。更にエストロゲンはカルシウムの代謝にも関与しており、分泌量が増えると成長期の骨にある「骨端線」を閉鎖させ、身長の伸びが止まって骨が硬くなり、逆に更年期以降に分泌量が減る事では骨粗鬆症のリスクが高まります。


ジオスゲニンは男性ホルモンにも女性ホルモンにもなる?

ジオスゲニンの分子の中には「DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)」と同じ構造があると言われています。この「DHEA」自体は男性ホルモンの一種で、男性ホルモンとしての効力は、代表的な男性ホルモンである「テストステロン」の5%程度しかありません。一方、このDHEAはテストステロンや女性ホルモンの一種であるエストラジオール(エストロゲンの一種)に変化する事ができると言われています。

最初に書いたように「プロゲステロンの前駆体になる」と聞くと、女性にしか効果がないように思ってしまいます。しかし繰り返しになりますが、男性でも女性ホルモンは、女性でも男性ホルモンは分泌されており、お互いに上手くバランスを取り合っているのです。男性ホルモンも女性ホルモンも、どちらか一方が減りすぎても増えすぎても良くありません。ジオスゲニンにはどちらにもなる可能性があり、性ホルモン全体の分泌バランスを整える事が期待できます。


ジオスゲニンには「ボケ」を予防する効果がある?

ジオスゲニンは脳にも何らかの良い効果を与えるとされており、特にアルツハイマー型認知症の改善に効果があるのではないかとして研究されているようです。

もっとも、脳に影響を及ぼすだけのジオスゲニンをヤムイモから摂取するためには、1日に10kg以上も食べる必要があると言われていて、実際にはとても非現実的なのですが、認知症の中には若い頃から少しずつ進行していくものもあり、積み重ねが重要になる事もあります(突発的に起こる事もある)。ジオスゲニンの効果は現時点では不明な部分も多いのですが、その積み重ねのサポートになる可能性はあると思われます。

尚、最も効果的な「ボケ」の予防法は「脳の活動」と「休養」の「バランス」であり、食習慣だけでは不十分です。


ジオスゲニンを多く含む食品について

そんなジオスゲニンですが、前述のように食品では「ヤムイモ(またはヤム)」に豊富に含まれていると言われています。「ヤムイモ」というのは日本で言う「山芋」の仲間です。ただし日本で一般的に売られている山芋を食べても、摂取する事のできるジオスゲニンはごく僅かなので、ジオスゲニンを摂取するには海外のヤムイモを取り寄せる必要があります。例えばアフリカ大陸や南米の一部の国では、ジオスゲニンを豊富に含む種類のヤムイモを主食として食べている地域もあるそうです。

一方、当の日本(沖縄の一部地域、及び海外産もある)で栽培されているヤムイモの中では、特に「クーガイモ(トゲドコロ)」という品種にジオスゲニンは多く含まれているそうです。ただし欠点もあって、実はジオスゲニンは加熱によってその多くが失われてしまうと言われています。しかもクーガイモは生で食べる事ができない(下痢しやすい)らしいので、もしジオスゲニンを摂取したい場合、ジオスゲニンを豊富に含むヤムイモのエキスを抽出したサプリメントや、ジオスゲニンだけを抽出したサプリメントがあればそれを利用する、あるいは海外産で生食可能な新鮮なヤムイモ(生食できないものもあるという事)を取り寄せるか、自分でヤムイモを育てる事が必要になるでしょう。


ジオスゲニンを摂取する事ができるサプリメントの紹介

ヤムイモや日本の山芋はネバネバした種類が多く、人によってはアレルギー症状が出やすいです。食べる際には十分注意して下さい。もし好き嫌いでヤムイモを食べる事に抵抗がある人は、下記のようなサプリメントをオススメします。有名なサプリメントとしては「ワイルドヤム」があります。ただしサプリメントでもアレルギー症状が出る事があるという報告があるので、念のために注意が必要です。

またジオスゲニンは、過剰摂取によって逆にホルモンバランスを崩すという報告もあるので、摂取量には十分注意しましょう。サプリメントでは容易に過剰摂取できてしまうので、思春期中はできるだけ避けた方が無難です。もし摂取する場合も用法用量を守るのではなく、むしろ少ない量から始め、合わなかったらすぐに摂取を止めるべきです。

尚、ヤムイモは世界中に数百種類も存在し、中には専門家でも見分けが難しい種類もあると言われています。そのため毒性のある種類が混じっている可能性もゼロではないそうです。過敏かもしれませんが、実際そういう副作用の報告もなされているので、粗悪な商品は選ぶべきではありません。


Amazon商品リンク

Nature's Way ワイルドヤム

これはヤムイモの一種であるワイルドヤムのサプリメントです。ジオスゲニンを抽出している訳ではないですが、摂取する事ができるサプリメントとして一応紹介しておきます。前述のように過剰摂取には十分注意しましょう。