この記事では成長ホルモンの分泌を促す作用があると言われている「アルファGPC(α-GPC)」について、私なりに考えた事を書いてみます。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

そもそもアルファGPCとは?その役割について簡単に

「アルファGPC(L-α-グリセリルホスホリルコリン)」は実際に脳内に存在する物質で、神経伝達物質の一つである「アセチルコリン」の前駆体になると言われています。このアセチルコリンは自律神経系における「副交感神経」の末端から分泌され、神経の興奮を抑える「抑制性神経伝達物質」としての役割があると考えられています。神経の興奮を抑える事で睡眠の質が改善され、過剰なストレス反応が抑えられれば、結果として髪の毛にも何らかの良い影響を与えるかもしれません。

またアセチルコリンは運動神経の末端から分泌される事では筋肉を収縮させる役割もあり、腕や足などの筋肉はもちろんの事、呼吸に関わる肺や臓器にある筋肉、更には血管の収縮に関わる筋肉などのコントロールにも重要です。アセチルコリンが正常に分泌され、神経伝達がスムーズに行われれば、それらの機能が改善される可能性もあります。

尚、脳内においては神経伝達をスムーズにする事で、意欲・集中力・判断力などを向上させる作用があると考えられます。それによって活力が生まれ、昼間の行動がポジティブに変化すれば、それも髪の毛にとって良い方向へ働くかもしれません。


アルファGPCには成長ホルモンを分泌させる作用がある?

このアルファGPC、脳以外では母乳にも多く含まれており、それによって乳児の成長に必要な成長ホルモン(ヒト成長ホルモン:hGHの事)の分泌を促す作用や、免疫機能を補助する作用などがあると言われています。また一説によれば、前述した神経伝達物質としての役割から、認知症の予防にも効果があるのではないかとも言われています。この辺りはまだまだ研究段階なので何とも言えませんが、少なくとも体に悪い成分ではない事は確かです。

尚、成長ホルモン聞くと一般的には「身長を伸ばすために必要だ」というイメージが強いのですが、それは成長ホルモンが「細胞の修復を促す作用」があるためです。もし本当にアルファGPCに成長ホルモンの分泌を促す作用があるとすれば、細胞の修復・再生サイクルが改善される可能性があり、髪の毛にも何らかの影響を与えるかもしれません(残念ながら毛根は再生されない・・・)。

ちなみにですが、試験的に投与した例では、アルファGPCを投与すると確かに成長ホルモンの分泌量が増え、成長ホルモン放出ホルモン(GHRH:成長ホルモンの分泌を促すホルモン)を単独に投与するよりも、GHRHとアルファGPCを併用して投与した方が成長ホルモンの分泌量が増えたという研究結果(これは経口摂取の例)もあるそうです。ただしこれに関しても具体的な事はまだよく分かっていません。


アルファGPCを多く含む一般的な食べ物はないのか?

乳幼児以外では母乳を飲む訳にはいきません。そこで母乳以外にアルファGPCを含む食品はないのか?という事ですが、実はこのアルファGPC、一般的に摂取できる物質で、例えば卵黄、大豆製品、穀類、ゴマ油、乳製品、コーン油、小魚、レバー、ウナギなど多くの食品に含まれているそうです。ただしそれぞれに含まれる量は微量です。

尚、大豆や卵黄から抽出した「レシチン」というものがあり、これにはアルファGPCが多く含まれていると言われています。レシチンは錠剤やカプセル型のサプリメントの他、粉末状タイプの食品もあり、食事の際に混ぜて食べる事ができて手軽です。


アルファGPCを摂取する事ができる商品を紹介

以下はオススメの商品を挙げています。ただし前述のようにアルファGPCの持つ作用は分かっていない部分が多いため、過信は禁物でしょう。

ナウフーズ アルファGPC 300mg

これは海外製ですが、アルファGPCを補う事ができるサプリメントです。摂取量の目安は特に定められていませんが、このサプリメントは1日2粒と書かれています。
豊年 大豆レシチン(顆粒250g缶)

このレシチンは大豆製品から抽出されたものです。摂取量の目安は特に定められていませんが、念の為にも1日に数10gあるいは数100gも摂取するような事はしない方が良いでしょう。