有酸素運動では脂肪を燃やす事ができます。これにより余剰分の脂肪が減れば、血液中のコレステロールの量が減り、血管への負担を軽減する事ができます。また皮脂は脂肪から作られるので、その脂肪が減れば皮脂の過剰分泌を抑える事ができます。更に有酸素運動では発汗を伴います。汗の元は血液に含まれる水分であり、これにより末梢への血流が促され、細胞の栄養状態が改善されます。これらにより有酸素運動は髪の毛の健康維持に効果があると言われています。

一方、汗にはミネラルが含まれており、気温や運動量によってはミネラル不足を招く可能性があります。また摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスが崩れ、消費する量が多すぎると、省エネ体質となり、筋肉が落ち、基礎代謝が低下する可能性もあります。そのためただ単に有酸素運動を行うだけでは、逆効果になる可能性もある訳です。その点には注意が必要です。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「ジャイロボール適当指南書」にある記事『無酸素運動と有酸素運動の特性を理解しよう』にまとめているのでそちらをご覧下さい。