髪の毛に関する情報まとめ

髪の毛を労るための生活習慣(食事、栄養、運動、睡眠、洗髪法等)に関する情報をまとめたブログです。初めての方はこちらの記事からご覧下さい→→→→→『当ブログ概要』『全記事一覧

髪の毛の健康のために重要な睡眠の質(別ブログリンク)

髪の毛を労るためにと食事に注意する人は多いのですが、いくら体に良いものを摂取していても、肝心の睡眠習慣が疎かになっていては意味がありません。特に睡眠はただたくさん寝れば良い訳ではありません。重要なのは睡眠の質です。

まず睡眠を行う時間帯ではメラトニンというホルモンが分泌されます。これには心身に睡眠を行う準備を促す作用があり、これによって睡眠の質が高まります。しかし寝る直前に明るい画面を見ているなどすると、目から入った光により、その分泌が阻害され、睡眠の質は低下します。寝る前にはできるだけ何もせず、速やかに寝る準備をしましょう。

またメラトニンは昼間、太陽の光を浴びる事で分泌されるセロトニンから作られます。つまり昼間の行動が、回りに回って睡眠に影響しているという事です。更にセロトニンはアミノ酸の一種トリプトファンから作られます。つまり食習慣も睡眠に関係してくるという事です。そしてセロトニンとメラトニンはお互いに入れ替わるようにして分泌されており、体内時計の役割も果たしています。つまり毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起き、暗くなったら寝て、明るくなったら起きる・・・そういう規則的な睡眠習慣も、睡眠の質を高める事に繋がります。

この他、メラトニンには性ホルモンの分泌をコントロールする役割もあります。性ホルモンの分泌が薄毛の原因になるというのは周知の事実です。またセロトニンはドーパミンやノルアドレナリンといったストレスに関わるホルモンの分泌もコントロールしています。つまりメラトニン及びセロトニンの分泌を真に促すためには、ストレスコントロールも重要になっています。このように単に「睡眠の質」と言っても、実際には生活習慣全体の改善が必要です。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「腹筋を割る方法について考える」にある記事『筋肉を効率良く鍛えるために重要な睡眠の質』にまとめているのでそちらをご覧下さい。

よく噛んで食べる事は髪の毛にも良い(別ブログリンク)

唾液は咀嚼によって分泌され、食べ物を湿らせ、胃腸へ運びやすくする役割があります。また糖を少しだけ分解する事ができ、胃腸での消化・分解を補助する役割があります。これにより糖の吸収が緩やかになり、血糖値の急激な上昇が抑えられます。高血糖は血管にダメージを与える事が知られているため、よく噛んで食べる事は髪の毛の健康によっても良いはずです。

更に唾液には歯の再石灰化、及び口内の殺菌を促す作用もあります。つまりよく噛んで食べる事は、歯や口内環境の改善にも繋がります。そして口の周りや顎の筋肉をよく使うので、顔の皮膚に張りが生まれ、唇が弛みにくくなります。これにより口呼吸にならず、鼻呼吸をしやすくなり、免疫にも良い影響を与えます。それは髪の毛の健康を維持する上でも重要になる事です。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「腹筋を割る方法について考える」にある記事『「よく噛んで食べる事」は筋肉にも良い影響を与える』にまとめているのでそちらをご覧下さい。

タバコやお酒は髪の毛に悪い?(別ブログリンク)

タバコやお酒は髪の毛に悪いと言われています。タバコに含まれる成分は活性酸素を作り出します。その強力な酸化作用により、ビタミンCなどの抗酸化物質が壊され、コラーゲンなど蛋白質の合成がスムーズにできなくなります。特に薄毛には酸化とコラーゲンが大きく関係していると言われています。当然その積み重ねは髪の毛の健康に良くありません。また酸素の取り込みが上手くできなくなるので、心臓や血管に負担をかける上、末梢の細胞の栄養状態も悪くなります。

一方、お酒。お酒自体は髪の毛に直接は影響しませんが、アルコールの摂取は肝臓に負担をかけます。肝臓はエネルギー代謝に重要で、アルコールの処理のために労力が奪われると、他の処理ができなくなります。またお酒は胃腸などの粘膜にも負担をかけ、癌の原因になると言われています。適度と都合良く言いますが、実際には飲酒習慣がある人ほどアルコールの摂取量は多く、積み重ねがあります。当然それも髪の毛の健康に良くありません。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「腹筋を割る方法について考える」にある記事『タバコやお酒は筋肉に悪い?その効果について』にまとめているのでそちらをご覧下さい。


牛乳は髪に悪い?乳糖や脂肪に注意(別ブログリンク)

動物性の食品である乳製品は蛋白質が豊富です。また動物性の食品は全体として必須アミノ酸のバランスが良く、9種類の必須アミノ酸がバランス良く含まれています。一方、動物性の食品は全体として脂肪が豊富です。乳製品も同じで、牛乳、チーズ、ヨーグルト、いずれも脂肪が豊富に含まれています。そのため乳製品を食べる事では脂肪の過剰摂取が懸念されます。

また動物性の食品の中でも乳製品は特殊で、「乳糖」という特有の糖が含まれています。これが厄介で、人によっては上手く消化・分解する事ができず、消化不良の原因になる事があります。特に腸内細菌は代謝を補助するビタミンB群を合成する事ができます。そのため乳糖によって腸内環境が悪化すると、ビタミンB群の合成が上手くできなくなってしまう可能性があります。

一方、ヨーグルトやチーズでは発酵の過程で乳糖が分解されており、殆ど含まれていません。特に乳製品は全体としてカルシウムが豊富であり、乳製品を制限してしまうと、カルシウムの不足が懸念されます。そのため乳製品を食べる場合、低脂肪なヨーグルトやチーズを選ぶと良いでしょう。

尚、この記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「腹筋を割る方法について考える」にある記事『乳製品は筋肉に良い?含まれている栄養素とその効果』にまとめているのでそちらをご覧下さい。

オイコス ギリシャヨーグルト

これは低脂肪のヨーグルトです。安価なので個人的にオススメです。
バルクスポーツ ホエイプロテイン アイソプロ

これは蛋白質を補給する事ができるホエイプロテインです。乳糖が殆ど含まれておらず、牛乳を飲んでお腹が緩くなるという人でも飲む事ができます。吸収が速いため、特に運動後にオススメです。尚、蛋白質以外の栄養素は殆ど含まれていないため、別途補給する必要があります。

髪の毛の健康と腸内環境の関係(別ブログリンク)

腸内環境を整え、便通を改善しておく事も、髪の毛の健康を維持するためには重要な事です。特に腸内細菌は食物繊維を分解する事ができますが、その際、ビタミンB群やビタミンKを合成する事ができます。この内、ビタミンB群(8種類)は糖・蛋白質・脂肪の代謝を補助する役割があり、これが髪の毛にとって重要です。ただし腸内環境は食物繊維の摂取だけでは改善されません。運動、睡眠、ストレスなど、生活習慣全体を見直す事が重要です。つまりそれらも髪の毛の健康に大きく関係しているのです。

尚、当記事の内容は移転済みです。詳細については別ブログ「腹筋を割る方法について考える」にある記事『筋肉を効率良く鍛えるために腸内環境を改善しよう』にまとめているのでそちらをご覧下さい。


記事検索
Amazon商品リンク
※画像はランダムに表示されます
  • ライブドアブログ