髪の毛に関する情報まとめ

髪の毛を労るための生活習慣(食事、栄養、運動、睡眠、洗髪法等)に関する情報をまとめたブログです。初めての方はこちらの記事からご覧下さい→→→→→『当ブログ概要』『全記事一覧

タバコやお酒は髪の毛に悪い?その害について

タバコやお酒は髪の毛に悪いと言われています。ここではそんな「タバコとお酒の害」について、私なりに考えた事をまとめています。尚、この記事ではあくまで要点のみをまとめています。詳細については別ブログ「腹筋を割る方法について考える」にある記事『タバコやお酒は筋肉に悪い?その効果について』にまとめているのでそちらをご覧下さい。

タバコは髪の毛に悪い?その害について

タバコには「ニコチン」が含まれています。ニコチンは神経系に対して有害で、強い依存性があると言われています。その依存性の強さは、アルコールとは比較にならないほど強力で、一説には「覚醒剤にも匹敵する」とも言われるほどです。これが「禁煙するのが難しい」と言われる理由となっています。

他、このニコチンには胃酸を過剰に分泌させて胃や腸に過剰な負担をかけたり、不必要に毛細血管を収縮させて心肺機能を低下させたり、あるいはビタミンCを破壊する事で、抗酸化やコラーゲンの合成を阻害(その結果として肌荒れ・老化・骨粗鬆症・動脈硬化の進行等が起こる)するなどの作用があると言われています。

またタバコには「タール」と呼ばれる物質も含まれています。このタールは発癌性が高いとされており、過剰に摂取する事では正常な細胞の合成ができず、悪性腫瘍(癌)ができやすくなると言われています。特にこのタールは粘り気が強い特徴があり、これにより仮に禁煙できたとしても体から中々抜けません。

更にタバコの煙には「一酸化炭素」が含まれています。例えば火事のニュースが出た際に「一酸化炭素中毒」という言葉がよく聞かれますよね。これは一酸化炭素が酸素の吸収を阻害するからで、一酸化炭素を摂取すると酸素よりも優先的にヘモグロビンと結合し、酸素の吸収効率を大きく低下させます。それによって肺や心臓などの機能は当然低下する事になり、それはやがて心筋梗塞や脳梗塞など致死率の高い病気のリスクも高まる事になります。

尚、タバコはそのようにして血流を悪化させるため、特に心臓から遠い場所ほど血流及び新陳代謝を悪化させると言われています。当然頭皮にとって良くないのは明らかです。その他の例で言えば、足の指先に出血を伴うような怪我をした時、ヘビースモーカーの人ではその怪我がなかなか治らないという事もあるようです。それによっては浮腫、冷え性、痛風、糖尿病などの諸症状も悪化させると言われています。


お酒を飲むなら「飲まされる」べきではない

お酒には「アルコール」が含まれています。人体にはアルコールを貯蓄しておくような機能はなく、またアルコールを代謝する過程で毒性のある「アセトアルデヒド」ができるため、それを処理するためにも速やかに代謝されます。特にその処理は主に肝臓で行われます。一方で、アルコールを処理する能力には個人差が大きく、その能力は生まれつき決まっているという事が分かっています。つまりいくらお酒を飲んだとしても、アルコールの処理能力が強くなる事はないという事です。この点については十分に注意しなければなりません。

お酒は髪の毛に悪い?

摂取したアルコールは肝臓で速やかに処理されます。しかしそのようにアルコールの処理能力には個人差が大きく、その能力が低い人が一度に大量のアルコールを摂取した場合、「アルコールの処理が順番待ち」という形になります。特に肝臓は糖・蛋白質・脂肪をエネルギーへと変換する等、生命活動の維持に必要不可欠な臓器の一つであり、その肝臓への負担が増加する事では、その他の栄養素の代謝にも悪影響を及ぼす事が考えられます。それによる髪の毛への影響は当然懸念されます。

またアルコールも神経系への強い作用をもたらすと言われています。これも個人差が大きいですが、やはりアルコール処理能力の弱い人や、成長期の子どもの脳ではその影響を受けやすいと言われています。特に知られているのが「脳が萎縮して小さくなる(溶かすのではなく、働きが抑制され衰える。特にグルタミン酸が影響を受けるとされる)」という事です。もちろんそこまで行かなくても、気づかぬ内に記憶力、判断力、集中力、理性(感情を抑える事が難しくなる)の低下などが起こる可能性はあると思われます。それによってはニコチンほどではありませんが、少なからず依存性をもたらし、自分で止める事が難しい一つの理由になります。「適度な摂取」とよく言いますが、飲酒の習慣がある人ほど「蓄積」があります。

他、アルコールは成長期における臓器の成長や性機能の発達も妨げると言われています。だからこそ未成年では飲む事が法律で禁止されているのですが、それはアルコールの処理能力が弱い大人でも同じであり、一度に大量のアルコールを摂取した場合、いわゆる「急性アルコール中毒」になる事があります。これは命に関わるような深刻なものであり、アルコールはそういう危険と常に隣り合わせという認識を持っておくべきです。


お酒は太る?太らない?

アルコールは肝臓で速やかに代謝されます。アルコールを代謝する過程を簡単に説明すると、アルコールを代謝する事ではまず「アセトアルデヒド」という物質ができます。分かりやすい症状では、アセトアルデヒドは二日酔いの原因になっている物質です。その後、アセトアルデヒドが代謝される事では「酢酸」になり、この酢酸がTCA酸回路(クエン酸回路)に入る事で更に「クエン酸」に変換されます。このTCA回路というのはエネルギーを得るためのサイクルで、そこでクエン酸が代謝されると細胞を動かすためのエネルギーである「ATP(アデノシン三リン酸)」を作り出します。そうしてそれらの反応で最終的にできるのが「炭酸ガスと水」で、それが体の外へ排出されます。

この事から「アルコールは分解されてしまうので、体の中に残るエネルギーはない(あるいはカロリーがない)」とよく言われますが、それは正しくありません。クエン酸回路はそもそも糖や脂肪からエネルギーを得る際に必ず通る場所です。つまりアルコールを処理している時に、大量の糖や脂肪を摂取した場合、それが順番待ちという形になり、余剰となったものが脂肪の蓄積へと回されるという事が考えられます。

ちなみにアルコール飲料は飲みやすくするため、糖あるいは脂肪が含まれている事も多く、またアルコール飲料と一緒に食べる食べ物は大抵味付けが濃かったり、糖・蛋白質・脂肪が豊富でカロリーの高いものです。更にアルコールは食欲を増進させる作用があると言われており、それによって全体的な食事量も増える事になります。蓄積すれば当然肥満の原因になるでしょう。


適度なお酒は健康に良い?悪い?

度数の高いアルコール飲料は、口・食道・胃・腸の特に「粘膜」に大きなストレスを与えると言われています。これは摂取したアルコールの一部が粘膜を通じて直接吸収されるからです。そうして吸収された後、代謝される過程でできたアセトアルデヒドが炎症を引き起こし、これが「ガン」の原因になると考えられています。そこまで行かなくても、粘膜は免疫においても重要な役割を果たしているので、一時的に免疫力が低下して風邪を引きやすくなったり、胃液によって胃の壁を傷つけたり、あるいはタバコなどその他の害をもたらす成分に対する耐性が低下する(合わせる事でガンのリスクを更に高める)という事が考えられます。

またアルコールには強い殺菌効果があります。そのため少量であれば、例えば手洗いなどで消毒効果をもたらす便利なものですが、大量に摂取した場合、胃腸の菌のバランスを崩してしまうという事も考えられます。特に腸内細菌は食物繊維を分解するために重要である他、ビタミンB群やビタミンKを合成する事ができるため、その働きは非常に重要です。例え少量であっても蓄積すれば健康に悪いのは明らかです。

他、前述のようにアルコールの分解では最終的に水ができるのですが、血中の水分量が多くなると血液は薄くなり、細胞への栄養供給が上手くできなくなる事があります。これが起こると人間は血液を増やそうとし、心臓に負担がかかる上、血圧が上がる事で血管にも負担がかかります。また水分の排出を促すため、尿の量が増え、水分の必要量も増えます。これがアルコールを摂取した際に水を飲むべき理由です。

ちなみにアルコールは「適度な摂取は健康に良い」と言われる事も多いのですが、アジア人は全体としてアルコールやアセトアルデヒドを分解する能力が低いと言われています。日本人もむしろアルコールに強い人の方が珍しく、「自分はお酒に強い」などと根拠のない自信を持つのは大変危険です。何度も言うように、アルコールの処理能力は生まれつきで、どれだけ飲んでも鍛える事はできません。飲む事ができる量が増えたのは単に神経が麻痺し、鈍感になっているだけです。特に日本では周りに合わせて飲むという事が多く、蓄積によるリスクは我々が想像する以上に大きいものです。自分の身は自分で守るしかありません。


牛乳は髪に悪い?乳製品に含まれる栄養素等

乳製品は蛋白質の補給に適しています。ここではそんな乳製品について私なりに考えた事を書いてみます。尚、この記事ではあくまで要点のみをまとめています。詳細については別ブログ「腹筋を割る方法について考える」にある記事『乳製品は筋肉に良い?含まれている栄養素とその効果』にまとめているのでそちらをご覧下さい。

乳製品に含まれる栄養素について

乳製品は肉や魚などと同じく「動物性の食品」であり、特に蛋白質が豊富に含まれています。乳製品のような動物性の食品はいずれも必須アミノ酸のバランスが良く、その意味でも乳製品は蛋白質を効率良く合成するための材料として適しています。一方、脂肪も豊富に含まれており、カロリーはやや高くなっています。このため過剰摂取には注意が必要です。

また乳製品には「乳糖」が含まれており、これは人によって消化不良の原因になる事があります(乳糖不耐症)。腸内細菌は代謝を補助するビタミンB群を合成できるため、腸内環境の悪化は当然髪の毛に良くありません。この他、乳製品にはカルシウムも含まれています。カルシウムは骨を形作るために重要で、必要量が多く、成長期あるいは女性では意識的な摂取が必要なものです。


牛乳は髪に悪い?特定の食品・栄養素に固執しない事が重要

牛乳で特に問題なのは「牛乳だけでお腹がいっぱいになる」という事です。大人ではよっぽど好物でもない限り、牛乳をガブ飲みする事はありませんが、牛乳だけでお腹がいっぱいになると「牛乳に含まれている栄養素」しか摂取する事ができないため、全体的な栄養バランスが崩れてしまう事があります。その積み重ねが将来的に髪の毛へのダメージへと繋がる場合もあります(前述のように脂肪・カロリーの過剰摂取や、乳糖の摂取により腸内環境悪化も蓄積すれば髪の毛に影響する)。

特に髪の毛を労るためにはビタミンやミネラルの摂取が重要です。乳製品はカルシウム・蛋白質・脂肪は豊富でも、それ以外の栄養素は欠点だらけです。もちろんこれは乳製品に限った事ではありません。特定の食べ物だけを集中的に食べる、あるいは特定の栄養素だけを摂取するというような極端な食習慣は実際にはデメリットの方が大きいのです。とにかく栄養バランスを考えましょう


発酵食品は髪に良い?チーズやヨーグルトについて

牛乳以外の乳製品では発酵食品として知られる「チーズ」や「ヨーグルト」があり、これらも牛乳と同じく蛋白質・脂肪・カルシウムを豊富に含んでいます。特にチーズは、実は牛乳よりもカルシウムが豊富で、かつビタミンB12も豊富に含むためオススメの食品です。尚、ヨーグルトやチーズは乳糖の量が少ないため、牛乳でお腹が緩くなる人でも食べる事ができます。一方、低脂肪でなければ脂肪も豊富です。

ちなみに乳酸菌は胃酸によって多くが分解、またそれによって殆どが失活してしまうと言われています。確かに一部の乳酸菌は腸内に存在する乳酸菌の摂取源になりますが、おそらく腸まで届かせるためには相当量の発酵食品を食べなければならず、実際には非現実的だと思われます(死んだ菌でも何らかの効果を有するという研究結果もあるため、効果がないとも言い切れない)。もちろん中には「生きたまま届く」という事を売りにした商品もあるのですが、例え届いたとしても、腸内に「定着するかどうか」はまた別の問題です。いくら「腸内環境を整える効果がある」と言っても、食べ過ぎると胃腸に負担をかけるだけ(ヨーグルトは水分量が多く、人によっては水分過多が下痢の原因になる事がある)ですので、牛乳同様やはり固執すべきではありません。


オススメの商品・サプリメントの紹介

前述のように牛乳には「乳糖」という糖が含まれており、人によってはそれが胃腸の調子を崩す原因になる事があります。また食物アレルギーなどで物理的に食べる事ができない場合もあり、その場合には乳製品に含まれる蛋白質やカルシウムの不足が懸念されます。もし不足が心配される場合には以下のようなプロテインやサプリメントをオススメします。

尚、下記では低脂肪の牛乳やヨーグルトも紹介していますが、前述したように脂肪自体は人体にとって必須です。もし乳製品で低脂肪を徹底するのであれば、ナッツ類、青魚、大豆、アボカドなどから「必須脂肪酸」を摂取するよう心がけましょう。特に脂肪の代謝改善には必須脂肪酸のバランス、各種ビタミン・ミネラル、そして運動習慣・睡眠習慣・ストレスコントロールが必要であり、それらを合わせて行うべきです。


ザバス ミルクプロテイン

これはプロテインで有名な「ザバス」の牛乳です。プロテインという名の通り、一般的な牛乳よりも蛋白質が豊富に含まれています。尚、私も一応飲んだ事はあるのですが、個人的には甘味が強い気がします。
オイコス ギリシャヨーグルト

これは低脂肪のヨーグルトです。安価なので個人的にもオススメです。ちなみにですが「ヨーグルトメーカー」を利用すれば増やす事も可能です。これは好みの問題なのですが、牛乳やヨーグルトは脂肪が豊富に含まれていた方が舌触りは良くなります。
バルクスポーツ ホエイプロテイン アイソプロ

これはホエイプロテインです。特にこのプロテインは「WPI(ホエイプロテインアイソレート)」という不純物を取り除く方法で精製されているため、乳糖が殆ど含まれておらず、牛乳を飲んでお腹が緩くなるという人でも飲む事ができます。吸収が速いため特に運動後にオススメです。尚、蛋白質以外の栄養素は殆ど含まれていないため、別途補給する必要があります。
ボディウィング 大豆プロテイン

これは大豆由来のいわゆる「ソイプロテイン」です。ソイプロテインはホエイプロテインよりも吸収自体は遅いものの、カゼインプロテイン(牛乳にはカゼインが主に含まれる)よりは速く、ちょうど中間ぐらいの吸収スピードです。よって寝る直前や運動直後でなければ飲むタイミングを選びません。また原材料が大豆という事で牛乳由来の成分は一切含まれていないため、乳アレルギーを持っている人や、乳糖でお腹が緩くなるような人にオススメです。ただし大豆アレルギーには注意が必要です。
ネオセル コラーゲンパウダー
collagen-powder
これはコラーゲンのサプリメントです。コラーゲンに必要な材料を補給、また合成に関わる酵素を活性化できるとも言われています。摂取量の目安は特にありませんが、1回数gを空腹時などに分けて摂取すると良いでしょう。尚、容量は少ないので、コスパで選ぶのであれば普通に店頭に売られている「コラーゲンパウダー(Amazon商品リンク)」で問題ありません。ちなみに摂取時にはパイナップルジュース等に溶かし、少し時間を置くと良いでしょう。パイナップルやパパイヤ等には蛋白質分解酵素が含まれており、これによってコラーゲンの分子がバラけ、コラーゲンに含むアミノ酸の吸収率を高める事ができるそうです。
ネイチャーメイド カルシウム・マグネシウム・亜鉛

これはカルシウム、マグネシウム、亜鉛をまとめて摂取する事ができるサプリメントです。特にマグネシウムや亜鉛は乳製品には殆ど含まれていないので補給すべきです。摂取方法としては毎食時に1粒ずつ摂取すれば良いでしょう。尚、マグネシウムは元々の吸収率が悪いため食品からも定期的に少しずつ摂取、またカルシウムに関してもこれだけでは足りないので、やはり食品から意識的に摂取しましょう。

髪の毛の健康と腸内環境・便通を改善するには?

腸内環境を整え、便通を改善する事も、髪の毛の健康を維持していく上では非常に重要な事です。ここではそれについて私なりに考えた事を書いてみます。尚、この記事ではあくまで要点のみをまとめています。詳細については別ブログ「腹筋を割る方法について考える」にある記事『筋肉を効率良く鍛えるために腸内環境を改善しよう』にまとめているのでそちらをご覧下さい。

老廃物を排出し新陳代謝を促そう

人間は小便(尿)、大便、汗、皮脂、咳、クシャミ、鼻水、痰、涙などから、体内で不要となった老廃物、有害な物質などを排出する事ができます。特にこの中では「大便」の割合が最も大きく、体の外へ排出されるものの内、実に8割以上を占めているとも言われています。新陳代謝を行えば必ず老廃物はできます。その排出はできるだけスムーズでなければなりません。

排出されるべき老廃物が便として排出されず、それが体内に蓄積する事では、新陳代謝の過程を邪魔してしまう事があります。例えば食べ物や栄養素の消化・吸収・代謝を邪魔したり、血液や水分の巡りを悪くしたり、脳や他の臓器の働きを鈍らせたり、怪我や肌荒れなどの治りを遅くしたり、あるいは免疫力が低下して病気にかかりやすくなるという事もあります。

また便として上手く排出されないという事は、そもそも便の排出に至るまでの過程が上手く行われていない可能性もあります。特に摂取したものを処理する肝臓や腎臓の働きは重要です。肝臓や腎臓の機能を低下させるような不摂生、例えば暴飲暴食もそうですが栄養失調、水分不足、睡眠不足なども、便の状態に大きな影響を与えます。腸の巡りを良くしようと発酵食品や食物繊維を摂取しようとする人は多いのですが、それだけでは不十分です。生活習慣全体を見直すべきでしょう。


腸内環境を整え、ビタミンを作ろう

腸内細菌が食べ物(食物繊維等)を分解する際、その腸内細菌によって一部のビタミンを合成する事ができます。特に腸内細菌によって補給されるのが「ビタミンB群」と「ビタミンK」です。

ビタミンB群はビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、パントテン酸、ナイアシン、ビオチンの8種類の総称で、実は腸内細菌ではそれら全てを作る事ができます。特にビタミンB群は代謝を補助する「補酵素」として重要で、糖・蛋白質・脂肪の関わる様々な代謝に関わる重要なビタミンです。つまり何らかの原因で腸内環境の悪化、あるいは食習慣におけるビタミンB群の不足は、積み重ねにより髪の毛にも何らかの悪影響を及ぼす事があります。


腸内環境には食習慣以外に様々な要素が関係している

特に「睡眠習慣の乱れ」は腸内環境へ影響を及ぼす要素の一つです。睡眠は臓器やそれを管理している脳を休めるために重要な生活習慣であり、その睡眠習慣が乱れれば、当然胃腸の働きは鈍くなります。まずは睡眠習慣を改善すべきでしょう。

また睡眠習慣の改善と合わせて行うべきなのが「ストレスコントロール」です。規則的な睡眠には「セロトニン」と「メラトニン」という2つのホルモンが関係しています。この2つのホルモンはドーパミンやノルアドレナリンなど、特に精神状態に関わるホルモンをコントロールする役割があります。つまり睡眠習慣の乱れは精神状態を不安定にさせ、それによってストレス耐性を低下させる事があるのです。例えば「緊張して便が緩くなる」という経験がある人もいると思いますが、あれもストレスによる過剰な反応の一つです。睡眠習慣が崩れると、そのようにストレスに対して過敏に反応するようになり、それが腸内環境も崩れさせるのです(もちろん自分の周囲の環境を整えたり、物事の受け止め方を変えるという事も重要になる)。


食物繊維と発酵食品だけに頼るべきでない

よくありがちなのが「食物繊維の過剰摂取」です。お腹に良いから、健康に良いから、ダイエット効果があるから・・・などと言って野菜ばかり食べる人もいますが、元々食物繊維は消化酵素では殆ど分解する事ができず、腸内細菌でも緩やかにしか分解する事ができません。また例え分解されたとしても、殆どエネルギーにもなりません。それだけでお腹がいっぱいになり、他が疎かになったら、そちらの方がデメリットは大きいです。

また「お腹に良い」とされるヨーグルトや納豆などのいわゆる「発酵食品」も、そればかりを食べる事では、全体的な栄養バランスの偏りに繋がる事があります。例えば大豆は確かに全体的な栄養価が高いのですが、それだけでは補給できない栄養素も当然ある訳です。また乳製品に関してもそれは同じで、ヨーグルトだけで1日に必要な栄養素を摂取できるかと言えば、それは到底無理ですよね。

心身の健康を維持するためには「人体にとって必須の栄養素を、バランス良く摂取する」という事が大前提であり、特定の食べ物あるいは特定の栄養素に集中し、それ以外の栄養素が疎かになってしまったら、いくら体に良い物を食べても何の意味もありません。「特定の食べ物や栄養素を摂取するだけで便通を改善しようとする」という考え方が、そもそも大きな間違いなのです。今こそ認識を改めるべきでしょう。


全身をよく動かすような運動をすべき

例えば日常的に椅子に座った姿勢を続けていると、背中が丸くなり、お腹や背中の筋肉が衰えてしまいます。お腹や背中の筋肉は臓器を支え、正常な位置に保つ役割もあります。また筋肉は収縮する事で周囲の血液を温め、それをポンプによって循環させ、体温を保つ役割もあります。そうして臓器の周囲にある筋肉を使う機会が減ったり、筋肉が衰えたりすれば、胃腸の働きが鈍くなる事があるのです。特にお腹周りの筋肉をよく動かすような「全身運動」は、胃腸へ直接的な刺激を与える事ができ、胃腸の働きを活性化させます。それも髪の毛のためには重要な事です(ストレス解消という意味でも重要)。

更に、激しい運動によって筋肉に対して一定のストレスを与えると、そのストレスから細胞を守ろうとする事で、筋肉の細胞は次第に大きくなっていきます。これは環境に適応する防衛本能の一つで、これが起こるとそれに必要な代謝を活性化させる事ができます。つまり筋肉の材料として必要な栄養素を消化・吸収・利用するための反応が促され、またその反応の過程で生まれた老廃物を排出するための反応も促されます。それによっても胃腸の働きを活性化させる事ができるのです。そのように「代謝を促す必要がある状態」を作り出す事も、実は便通の改善には必要です。


当ブログのコンセプト・利用する際の注意点等

初めまして、当ブログ管理人の「SaruyaMichael」と申します。簡単に「さるやま」で構いません。

当ブログは「髪の毛の健康」をテーマとしているブログです。特に髪の毛の健康を労るために必要な事、例えば食習慣全体に対する考え方、それぞれの栄養素・その役割・それを多く含む食品、運動習慣に対する考え方、睡眠習慣に対する考え方、髪の毛の洗い方などの他、関係する様々な要素・情報を管理人独自の視点でまとめています。当ブログが一つにきっかけとなり、悩みを持つ方を一人でも多く減らす事ができれば幸いです。

実際の詳しい内容については、
『サイドバーにある「カテゴリ」「タグクラウド」「記事検索」からご覧下さい。』


※その他・注意事項等
当ブログは「情報をただ羅列するだけ」という事をモットーにしています。管理人が持っている情報を、出し惜しみせずに、ただただ載せているだけ、という感じです。そのため分かりにくい部分の他、間違った知識もおそらくあると思われますが、当ブログはあくまで「自分から前へ進むための一つのきっかけ」にしか過ぎません。当ブログを利用するだけで満足するのではなく、多角的に情報を入手し、知識が偏らないように注意しましょう。

尚、当ブログは所詮は個人レベルのものであり、当ブログからもたらされる情報の質は私も保証ができません。何故なら他所から見聞きした情報も含まれているからです。よってもし当ブログの情報を元に何かを実践される場合、誠に勝手ながら自己責任にてお願いします。決して鵜呑みにせず、頭の片隅に置いておく事をオススメします。

ちなみに当ブログは2012年9月頃に開設したエキサイトブログ(削除済)を2017年1月頃に移転し、過去の記事を修正した上で再びアップしたものです。また私は当ブログ以外にも「体の悩みに関するブログ」を多数運営していますが、例えばビタミンCに関する記事の場合、他のブログにあるビタミンCに関する記事と内容は殆ど変わりません。これは「ビタミンCを摂取するためにする事」は結局何も変わらないからです。むしろ違った方がおかしいので、敢えてそうしています。ご理解下さい。

記事検索
Amazon商品リンク
※画像はランダムに表示されます
  • ライブドアブログ