髪の毛に関する情報まとめ

髪の毛を労るための生活習慣(食事、栄養、運動、睡眠、洗髪法等)に関する情報をまとめたブログです。初めての方はこちらの記事からご覧下さい→→→→→『当ブログ概要』『全記事一覧

当ブログ全記事一覧

この記事は当ブログ内にある全ての記事へのリンクが一覧になっています。お求めの情報へすぐに辿り着く事ができます。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

続きを読む

髪の健康のために重要なサプリメント(別ブログリンク)

髪の毛の健康の維持のサポートになる可能性があるサプリメントについては、実は別のブログにまとめています。詳しくはブログ「バストアップする方法について考えてみた」の記事『バストアップのサポートに適したサプリメント簡易まとめ』をご覧下さい。

私としては髪の毛の健康を維持するために最も重要な事は「ホルモンバランスを整える事」であると考えています。そのためリンク先の記事で紹介しているサプリメントを利用する事でも、髪の毛を健康を維持するサポートになると考えています。お手数ですがそちらをご覧下さい。

ビタミンAは髪に効く?その役割は摂取時の注意点等

ビタミンAには抗酸化作用があるとされ、皮膚や粘膜の健康維持に必要と言われています。しかし脂溶性ビタミンのため、過剰摂取のリスクもあります。ここではそんなビタミンAの役割と、摂取する際の注意点などについて私なりにまとめています。尚、この記事ではあくまで要点のみをまとめています。詳細については別ブログ「腹筋を割る方法について考える」にある記事『ビタミンAは筋肉に良い?その効果と摂取方法』にまとめているのでそちらをご覧下さい。

ビタミンAの役割について簡単に

ビタミンAは脂溶性ビタミンの一種です。ビタミンCやビタミンEと同じく抗酸化作用があるとされており、活性酸素の異常な増殖を防ぎ、細胞を酸化ストレスから保護したり、あるいは脂肪の酸化を抑えてくれる役割があると言われています。このため細胞の正常な合成には必要なものです。


ビタミンAを豊富に含む食品について

ビタミンAはレチノールとβカロテンに分けられます。この内、レチノールは鳥・豚・牛のレバー、ホタルイカ、ウナギ、ウナギの肝、アンコウの肝、卵、バター、マーガリン、チーズ、生クリームなどに多く含まれています。脂肪が豊富な食品が多いのですが、その中でも低脂肪なものを選びたいならレバーが良いでしょう。

一方、β-カロテンはシソ、ピーマン、モロヘイヤ、ニンジン、ヨモギ、春菊、レタス、ホウレン草、小松菜、ケール、クレソンに多く含まれています。ただしレチノールとβカロテンを比べた時、βカロテンの効力はレチノールの1/12しかなく、βカロテンだけではビタミンAとしては不足してしまいます。このためビタミンAを摂取する場合、レチノールの摂取を軸とし、一部をβカロテンで補う事が重要になるでしょう。ちなみにレチノールもβカロテンも脂溶性なので、脂肪及び油と一緒に摂取する事で吸収率が高まります。


ビタミンAを摂取する事ができるサプリメントの紹介

ここではビタミンAを摂取する事ができるサプリメントを紹介しています。摂取方法については前述した通りです。繰り返しになりますが、過剰摂取には十分に注意しましょう。

Amazon商品リンク

NOW Foods ベータカロテン

これはβ-カロテンを補う事ができる海外製のサプリメントです。尚、容器には1日1粒目安と書かれています。レチノールとは違って過剰摂取の心配はおそらく殆どありませんが、日本で販売されているβ-カロテンのサプリメントと比べれば1粒当たりの含有量が高いため、万が一のためにも用法用量はしっかりと守りましょう。


ビタミンEは髪に効く?その役割や摂取時の注意点等

ビタミンEには強い抗酸化作用があるとされ、細胞を酸化ストレスから保護してくれると言われています。しかし脂溶性ビタミンのため、過剰摂取のリスクもあります。ここではそんなビタミンEの役割と摂取する際の注意点などについて私なりにまとめています。尚、この記事ではあくまで要点のみをまとめています。詳細については別ブログ「腹筋を割る方法について考える」にある記事『ビタミンEが筋肉に良い?その効果と摂取方法』にまとめているのでそちらをご覧下さい。

ビタミンEの役割について簡単に

少し前述しましたが改めて。ビタミンEには強い抗酸化作用があり、活性酸素の異常な増殖を防ぎ、細胞を酸化ストレスから保護したり、脂肪の酸化を抑えてくれる働きがあるとされています。ちなみに加齢臭は脂肪の酸化によって起こります。

特にビタミンEは自身が酸化された後、ビタミンCなど他の抗酸化物質によって戻され、再び抗酸化能力を発揮し、これにより連鎖的に酸化を抑える事ができるとも言われています。「抗酸化ビタミン」と聞くとビタミンCのイメージが強いですが、このビタミンEも抗酸化ビタミンの一つであり、そのように抗酸化機能を正常に働かせ、細胞の正常な合成を促すためには必要不可欠なビタミンと言えるでしょう。

その他、ビタミンEには末梢にある毛細血管を拡張する作用があるとされています。これにより心臓から離れた場所にある細胞にも、スムーズに血液を送る事ができるようになると言われています。


ビタミンEを効率良く利用するには?

ビタミンEを豊富に含む食品としてはアン肝、魚の卵全般(イクラやタラコなど)、モロヘイヤ、ナッツ類全般(特にアーモンド)などが挙げられます。またビタミンEは脂溶性ビタミンの一種であり、脂肪(油)に溶けやすいため、調味油(オリーブオイル、アマニ油・エゴマ油など)の他、脂肪を豊富に含む食品(肉、魚、卵、乳、大豆、ナッツ類、アボカドなど)と一緒に摂取する事で吸収率が高まります。

一方、ビタミンEでは過剰摂取による副作用があると言われています。心配であれば1日7mg以上を目安に食品から摂取するか、サプリメントと合わせて70mgまでを摂取するようにし、多くて500mgまでに留めると良いと思われます。尚、食品だけで数十mgあるいは数百mgを摂取するのは難しいので、サプリメントを利用しない限り、心配はないと思われます。


ビタミンEを摂取する事ができるサプリメントの紹介

ここではビタミンEを摂取する事ができるサプリメントを紹介しています。摂取方法については前述した通りです。繰り返しになりますが、過剰摂取には十分に注意しましょう。

Amazon商品リンク

MRM コンプリートビタミンE

これはビタミンEを摂取する事ができるサプリメントです。摂取量の目安は1日0~1錠(心配な場合は「1~2日おきに1錠」にする等各自調節)です。


頭皮を労るための顔筋トレーニング・頭皮マッサージ

ここでは顔の皮膚への血流を促すためのトレーニングや、頭皮への血流を促すためのマッサージの方法について、私なりに考えた事をまとめています。尚、この記事ではあくまで要点のみをまとめています。詳細については別ブログ「ニキビを治す方法について考えてみた」にある記事『顔の筋肉を動かそう・表情筋をトレーニングする方法まとめ』にまとめているのでそちらをご覧下さい。

頭皮をストレッチするための表情筋トレーニングまとめ

顔の皮膚と頭の皮膚は地続きになっています。頭皮を意識的に動かす事はできませんが、顔の筋肉を動かす事で顔の皮膚をストレッチする事ができれば、頭皮も引っ張られ、一緒にストレッチを行う事ができます。ここではその方法について簡単にまとめます。

●目の周囲にある筋肉を動かす方法

1.鼻の下を伸ばし、口を軽く空け、眉毛を上に持ち上げる。
2.その状態を維持したまま、無理やり頬を上げて笑顔を作ろうとする。
3.すると目尻にある筋肉と頬にある筋肉が収縮して近づく。
4.1を維持したまま、頬だけゆっくり力を抜いていく。
5.そして1を維持したまま、2~4をゆっくりと繰り返す。回数はお好みで。
(応用編:これを左右別々にゆっくり行う。最初は鏡を見ながら行うと良い)

●頬にある筋肉を動かす方法

1.舌の先を上顎につけておく。
2.口を軽く閉じてリラックスする。顎を動かさないように「い」を言うイメージで唇だけを左右に広げる。
3.それと連動するようにして、頬を斜め上方向に持ち上げる。
4.それができたら頬をゆっくりと下げていき、今度は口を閉じたまま下唇をできるだけ前に突き出す。
5.1を維持したまま、2~5をゆっくりと繰り返す。回数はお好みで。
(応用編:左右の頬で別々に、あるいは交互に行う。最初は鏡を見ながら行うと良い)

●額にある筋肉を鍛える動かす方法

1.目を大きく見開きながら、ゆっくりと眉毛を上へ持ち上げていく。
2.目をゆっくりと力強く閉じる。同時に眉毛もゆっくり下げる。すると眉間にシワが寄る。
3.それをゆっくりと繰り返す。回数はお好みで。
(応用編1:左右の眉毛で別々にあるいは交互に行う。また最初は鏡を見ながら行うと良い)
(応用編2:上記の「頬にある筋肉を鍛えるトレーニング」を同時に行う)

頭皮をマッサージする方法

あらかじめ爪を切り、手を石鹸で洗って清潔にしておきます。そして両手の指先を全力で開き、指同士ができるだけ離れた状態にします。その状態で指先だけを頭皮へ当て、頭皮をスライドさせるように動かします。つまり指先で頭皮を擦るのではなく、指先と頭皮を一緒に動かし、頭蓋骨から頭皮をスライドさせる訳です。これを頭皮全体で行う事でマッサージができます。

ただし頭皮を強く押したり、強くスライドさせたり、頭皮や髪の毛を引っ張ったり、擦ったり、叩いたりはしないように注意しましょう。それがストレスになり逆効果になる事があります。ちなみにこれを行った後に全身を使った有酸素運動を行うと、更に頭皮への血流が良くなります。

記事検索
Amazon商品リンク
※画像はランダムに表示されます
  • ライブドアブログ